2019年2月5日火曜日

ネガティブ思考よりポジティブ思考


YMTブログをご覧の皆様、こんにちは!

17期、学生団体YMTにて、GRAMPUS2番隊の組長を任せていただいております、長谷川叶子です。

 
立春とは名ばかりのまだまだ寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、突然ですが、皆さんは、ポジティブな思考で物事を捉えることと、ネガティブな思考で物事を捉えること、どちらが多いでしょうか?

 

私は、確実に後者でした。まだ、何も始まっていないのに、起こりうる現象を想像して、あれやこれやと心配する、いわゆる取り越し苦労ばかりしていました。 また、否定的な部分にしか目が行かず、悪いことばかり考えることが多く、自分に自信が持てませんでした。

そんな自分を180度変えてくれたのが、IKJ一生懸命塾です。

IKJ一生懸命塾には、ポジティブ思考の人がたくさんいます。彼らは、私のどんなネガティブな発言もポジティブな言葉に変換してくれました。これを塾では「ポジ変換」と呼んでいます。例えば、「やることが多い!」という現象に対して、「成長出来るチャンスだ!」や、「時間管理が得意になる!」などといったポジティブな言葉で返すことです。
IKJ一生懸命塾で、ポジティブな思考を持つ人に出会い、活動をともにする中で、だんだんとポジティブに物事を捉えられるようになり、そして、ネガティブな現象をポジティブな言葉に変換する、"ポジ変換"の波にのまれ、最終的には、意識して、"ポジ変換"を実践することで、自分の中でポジティブに物事を考えられるようになり、だんだんと自分に自信を持てるようになりました。

 
 
あの有名なマザー・テレサはこんな言葉を残しています。

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

  言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

  行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

  習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

  性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

 
思考を変えることによって、言葉を、行動を、習慣を、性格を、そして、運命を、今まで以上に明るくしていきませんか?

 
最後までご覧いただき、誠に有難うございました。