2019年2月21日木曜日

全てを受け入れてくれる環境

皆さん、こんにちは!
学生団体YMT第17期においてELEPHANT1番隊隊長を任されております坂井勇斗です!

皆さんは、自分を変えたいと思うことがありますか?

「このままじゃ自分ダメだ、変わらなきゃ」
そう思うこと、きっとあると思います。

そんな自分を変えたくて、
何かしら行動してみるけど、
でも結局は変われなくて、
そんな自分が嫌になってくる。

そういうときもあると思います。

変わるのは凄く怖いことで、
「自分は変わってしまったら受け入れられないんじゃないか」
そう思えて変わることを諦めてしまうときもあると思います。

僕がまさにそんな人間でした。

インターンでは結果を残せないし、
選考は通らない。

自分を変えなきゃと思いながらも、
変わりたくて行動するけれど変われないことを思い知って、
諦観と虚無感を感じる日々…


でもこの塾で、僕は変われました。

この塾に入って、ダメダメな僕を受け入れてくれる人達に出会いました。
変わりたいと思う僕の気持ちを応援してくれる人達に出会いました。
変わりたいと思っていても全然行動に移せていない僕を後押ししてくれる人達に出会いました。
少しずつ変わっていく僕を僕以上に喜んでくれる人達に出会いました。

どんな僕も受け入れてくれる人達に出会えたから、
僕は変わることができました。


一生懸命塾はどんな人でも受け入れてくれます。

君の全てを受け入れて、君を支えて、君を後押ししてくれる環境が、
ここ一生懸命塾にはあります。

今のありのままの君も、
これから変わろうとする君も、
変わろうとするけど中々変われない君も、
徐々に変わっていく君も、
変わった君も。

君に変わりたいという気持ちがある限り、
君の全てを一生懸命塾は受け入れてくれます。

だから変わることを恐れずに、諦めずに、
何度でも挑戦していきましょう!

君と出会って一緒に頑張れる日を僕は楽しみにしてます。


お読みいただき、ありがとうございます!

2019年2月10日日曜日

最良な「選択」とは


YMTブログご覧の皆様!

YMT学生団体 第17期部隊GRAMPUSで組長を任せて頂いております。
阿部法晃です。

新年が空けてから、時が経つのも早いもので1ヵ月以上が過ぎました。

自分から一つ、皆様に問います。
「もし全てが上手くいく人生だったら、それは幸せですか?」

誰もが幸せになりたいと強く願っているはずです。
幸せになりたくない。そのような方は自分は聞いたことがありません。
だからこそ、常に良いことにめぐり合う。嫌なことは全く起こらない。
そんな思い通りの人生があったら最高かもしれません。

自分は過去の出来事に執着する人間でした。
「過去がこうだったから、こうなってもしょうがない。」
「あんな過去、記憶から消し去りたい。」
「あんなことがなければ今幸せだったろうな。」
毎日毎日、過去の出来事に囚われていました。

だから自分は一切、「今」を見ようとはしなかった。過去の嫌な出来事から、上手くいかない「未来」ばかり想像していた。なので何をやっても全て無駄だと考えていた。もしやるくらいなら、損得の天秤にかけて、得が確実にありそうだったらやる。常に物事に対していつも無気力、無関心。人をとにかく避ける自分でした。

しかしそんな自分にも残っていたものがあります。
「自分を変えたい。」そして、「何か自分にも誰かのために力になりたい。」

その想いが自分にあって本当に良かった。
一生懸命塾の出会いで自分の人生は180°変わりました。こんなに人と関わったこと、向き合ったことは今までありません。悩むことも考え過ぎることも、迷うこともたくさんあります。それでも、「今」を自分は生きている。
なぜなら「過去」を受け入れ、それが自分の地肉となったからです。消したかったはずのものが今では自分の武器になっています。過去の辛い経験が今の自分を支えてくれています。

もう一度問います。「最良な選択とは?」
自分は「過去」から学び、「今」を大切にすることだと思っています。

こんな言葉があります。

「過去と人は変えられない。でも未来と自分は変えられる。」

変えられる物、残されているものに対して向き合う。
変えられないものにいくら時間を費やしたところで時間は戻ってきません。
だからこそ、「過去」に執着する選択より、「今」や良い「未来」の実現のために頑張る選択をする方が絶対に良いはずです。

皆様も、過去の失敗や上手くいかなかったことに対して悔いる瞬間があるかもしれません。
だけど未来は平等に与えられています。
今という一瞬一瞬を大切にし、日々共々に精進して参りませんか?
より良い人生のために。

最後まで見てくださりありがとうございました。


2019年2月5日火曜日

ネガティブ思考よりポジティブ思考


YMTブログをご覧の皆様、こんにちは!

17期、学生団体YMTにて、GRAMPUS2番隊の組長を任せていただいております、長谷川叶子です。

 
立春とは名ばかりのまだまだ寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、突然ですが、皆さんは、ポジティブな思考で物事を捉えることと、ネガティブな思考で物事を捉えること、どちらが多いでしょうか?

 

私は、確実に後者でした。まだ、何も始まっていないのに、起こりうる現象を想像して、あれやこれやと心配する、いわゆる取り越し苦労ばかりしていました。 また、否定的な部分にしか目が行かず、悪いことばかり考えることが多く、自分に自信が持てませんでした。

そんな自分を180度変えてくれたのが、IKJ一生懸命塾です。

IKJ一生懸命塾には、ポジティブ思考の人がたくさんいます。彼らは、私のどんなネガティブな発言もポジティブな言葉に変換してくれました。これを塾では「ポジ変換」と呼んでいます。例えば、「やることが多い!」という現象に対して、「成長出来るチャンスだ!」や、「時間管理が得意になる!」などといったポジティブな言葉で返すことです。
IKJ一生懸命塾で、ポジティブな思考を持つ人に出会い、活動をともにする中で、だんだんとポジティブに物事を捉えられるようになり、そして、ネガティブな現象をポジティブな言葉に変換する、"ポジ変換"の波にのまれ、最終的には、意識して、"ポジ変換"を実践することで、自分の中でポジティブに物事を考えられるようになり、だんだんと自分に自信を持てるようになりました。

 
 
あの有名なマザー・テレサはこんな言葉を残しています。

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

  言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

  行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

  習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

  性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

 
思考を変えることによって、言葉を、行動を、習慣を、性格を、そして、運命を、今まで以上に明るくしていきませんか?

 
最後までご覧いただき、誠に有難うございました。