2018年12月28日金曜日

本物の人間関係とは何か

YMTブログをご覧の皆様、こんにちは!
学生団体YMT第17期 部隊LEOで組長をしています、江田桃子です。


突然ですが皆様、いつも仲良くしている友達を思い出してみてください。

いつもどのような会話をしていますか?

IKJ入塾前、私にはたくさん友人がいると思って過ごしていました。

そんな友人との話の内容は、
・人の噂話
・アルバイト先での出来事
・サークル内でのホットな話題
などなど。

他愛のない会話です。こんな話をしているときはとても楽しく、自分はいい友人を持ったと思っていました。

しかしそんな中でも、何かモヤモヤと感じる瞬間がありました。それは友人同士でお互いに対して思っていることをストレートに言い合えない、そんな関係だということです。
ある友人のネガティブな発言に対し、周りのみんながその意見に同意して、それが決していいことではないと分かっているのに、結局私も何も言えない、なんてことも多々ありました。友人と一緒にいる自分が嫌になることもたまにあり、自分一人でいる方が楽なのではないかと思うこともありました。



そんな気持ちを持ちながら、私はIKJに入りました。

普段、友人に自分の本心を悟られないようにその場を取り繕ってきた私は、IKJに入った当初、自分の思っていることを一切口にせず、自分の感情を表現することはありませんでした。
相手にとって都合が悪いと思うことを言うなんて以ての外です。


しかし、そんな扱いづらい私を決して見切ることなく、どうにか私の思いや考えを知ろうとして真正面から向き合ってくれる人がIKJにはたくさんいました。
そして、私の良いところ、悪いところをはっきり伝えてくれる人がたくさんいました。

IKJの仲間が話してくれることは全て、私のことを思ってのことでした。


こんな仲間が集まるIKJで私は、自分の思っていることを少しずつ少しずつ、言えるようになりました。
決して相手に言いやすいことだけを言う馴れ合いではなく、相手にもっと成長してもらいたいからこそ、相手の弱い部分だとしても真正面から伝えることができる自分が、今はいます。


IKJに出会う前と出会った後での人との関わりを考えた時に、明らかに違うことが一つあると感じます。

それは、「自分のため」の行動か、それとも「相手のため」の行動かの違いです。

「相手のため」という基準を元に人と接することで、自分の好き嫌いではなく良いか悪いかで物事の判断をするようになりました。そして言動もそれと伴い、その人との人間関係が、ただ一緒にいて愚痴を漏らすだけの関係ではなく、お互いが本音をぶつけ合えるほど本物の関係になると、私はIKJで過ごす中でそう感じてきました。


もしかしたらこれを読んで、「相手のため」なんて綺麗事だと感じる人がいるかも知れません。
一年前の私なら、間違いなくそう感じていました。


でも、本物の人間関係とは本来、これほどに綺麗なものなのではないでしょうか。



皆様は今、大切な家族や友人、恋人はいますか?
そんな大切な人と本物の関係を築けていますか?

もし、この問いに「はい」と即答できない人がいたら、少し発想を変えて「相手のため」に自分は何が出来るのか、考えてみてはいかがでしょうか。

人間関係で悩む人が少しでも減ってくれたら幸です。


最後まで読んで頂きありがとうございました。

2018年12月18日火曜日

夢を持つ

YMTブログをご覧の皆様、こんにちは!学生団体YMT第17期部隊LEOで組長を任せていただいています櫻田昂志です。

皆さんは何か夢を持っていますか?

小さい頃なら誰しもが持っていたはずの夢。でも、多くの人は大人になると自分の夢を見失ってしまう、諦めてしまう、そんな経験があるのではないでしょうか。

何故大人になると夢を持てなくなるのか。それは、今の社会が結果しか見ていないからだと思います。良い結果を出したことは評価されるが、その結果を出すために努力したこと、頑張ったことは評価されない。だからどんなに一生懸命に頑張っていても悪い結果を出したら只々怒られる。こんな環境にいたら仕事に対して一生懸命に頑張る意味を見出せない。

でも、夢は一生懸命に頑張っているからこそ見つけられるものだと私は思います。一生懸命になるからもっと「こうしたい、ああしたい、こうなりたい、ああなりたい」という思いが出てきて、それが夢に繋がっていくと思うからです。だから今の一生懸命になれない社会では夢を持つことは難しいと思います。

そんな社会とは全く違う環境がIKJにはあります。それは結果よりも過程をしっかり見てくれることです。たとえ結果が良くなくてもその人が本当に頑張っていれば必ずその頑張りを褒めてくれます。讃えてくれます。結果に対するアドバイスもしてくれます。だから次はもっと頑張ろうと思える。より上を目指すようになる。気づけば何事にも一生懸命になっている自分がいる。だからこそIKJには大きな夢を持って、その夢に向かって今を一生懸命に生きている人が沢山います。

そして、夢を持って今を生きているからこそ、困難や苦難にぶつかっても乗り越えていける力があります。その夢のためにとことん頑張ることができます。なにより、夢に向かって今を一生懸命に生きている人はとても輝いて見える。1日1日をものすごく楽しんで今を生きている。

人生は長いようで短く、そして1度きりの大切な時間です。その人生を最高のものにするには夢を持つことが大事だと思います。


だから皆さんも今1度、夢を持って今を生きて見ませんか?


最後まで読んでいただきありがとうございます。

2018年12月11日火曜日

「苦手、嫌い」は努力で「好き」に出来る!

YMTブログをご覧の皆さん、
こんにちは!
学生団体YMT 第17期 部隊LEO1番隊 組長の大下です。

突然ですが、みなさんには苦手なことや、嫌いなことはありますか

私は入塾当初、初対面の人や、あまり関わりのない人に自分から話しかけることが苦手でした。
しかし、この塾の自分と同じ悩みを克服した先輩からアドバイスをもらい、地道な努力を続けたことで、
今ではあまり話したことない人に自分から話しかけに行くことが好きになりました。

私はIKJ一生懸命塾に「苦手なこと、嫌いなこと」は自分の努力次第で「好き」に変えられることを教えてもらいました。きっとこの先どんな苦手、嫌いなことにぶつかっても努力して好きに変えていける自信があります。

社会に出ると自分がいくら、苦手でも、嫌いでも、自分に任された仕事は、責任持ってやらなければなりません。
また、自分がどんなに一生懸命就活をして、心から行きたいと思える会社に入れたとしてもそこには必ず自分の苦手なこと、嫌いなことがあるはずです。
苦手なこと、嫌いなことと向き合わなければならない時、あなたはどう行動するでしょうか。
いやいや取り組むでしょうか?
「こんなはずじゃなかった」と言い訳して逃げるでしょうか。
それとも努力で、好きに変え、成長の糧にするでしょうか。

もし、どんな仕事でも好きにしてしまう自分になれたら、ワクワクしてきませんか?

時間がある今、IKJで共々に「嫌い」を「好き」に変える訓練をしましょう。

この大学生活ももっと有意義なものになるはずです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2018年12月5日水曜日

自分の心に正直に生きる


YMTブログをご覧の皆さん こんにちは!
学生団体YMTLEO2番隊の隊長をしています江角直人です!

突然ですが、皆さんに質問があります。

「今までの人生を振り返った時、良い思い出と悪い思い出どちらが多かったと思いますか?」



この質問について、僕は高校時代、友人と交わしたことがあります。
その時、僕と友人の答えは違いました。
友人は「良い思い出の方が多かったな!」
僕は「悪い思い出の方が多かった。」



その時の僕は、なんでそんな風に良く思えるんだろうと疑問でした。


今になって、ふとこの時のことが思い浮かんだ時がありました。
今思うとこの違いは、自分の心に正直に生きていられたか、そしてその時を楽しんで生きているのかということだったんだと思います。


僕は、自分の心を隠して、正直じゃなかった。自分が良い、おかしいと思ったことも周りが違うという雰囲気であれば、その気持ちを押し込んで、流れに任せていた。ぶつかることを恐れて気持ちを出さないでいた。そして、それを繰り返して日々に何かもやもやを抱えて生きていたんだなと思います。その一方で、彼は、無邪気に正直で、そして日々を楽しそうに生きていたなと感じます。




何がここから言いたいのか。
それは、人生を楽しい、面白いと思うには、自分の心に正直になって生きることが大切なのだということです。

今、上記の質問をされたら、自分は「良い思い出が多かった」と言います。


なぜか?

それは今、自分は自分の心に正直に生きていられるからです。良いと思ったことに良いと言うことができる。違うと思ったら違うと言うことができる。周りの雑念を気にせず、自分の心に正直になって、自分の信じる道を歩めている。そんな今を生きることができているからです。

そして、こんな今の自分がいるのは、過去の思い出があったからこそだと思えるからです。あの時の上手く生きていけなかった自分がいたから、あそこで失敗した経験があったから、あの時勇気を出して行動した自分がいたから。少しでも過去の経験が違ったら、今の自分はいない、と思います。過去の経験が、必要であって、必然に起きたものであって、その時の自分としてベストな行動だったんだと想うことができるからこそ、高校時は悪い思い出だったと思ったことも、良い思い出だと思うことができます。



こんな風に思えるようになったのも、僕がIKJに出会うことができたからです。IKJが、自分に正直に生きることが大切ということを教えてくれました。
自身が良い思う理想、道に向かって正直に生きている人たちがいる。そして、正直にいることを応援してくれる人、環境がある。正直になって自分の意見を言い、その意見に対して本気で向き合ってくれる人がいる。胸襟を開いて語りあえる人たちがいます。うまくいかなかった時でも、見放さず向き合い続けてくれる人たちがいます。手を差し伸べて、こう考えたらいいじゃん。こうやったらいいじゃんと教えてくれる人がいます。そんな環境でたくさんの経験をし、自分に正直になることができました。


心に正直になる。自分はどうなりたいのか。自分を見つめ、自分に正直になった時に自分の価値観が見え始めました。軸が見え始めました。そして、考えるだけではなく、行動していろんな事に触れてみた時に、その中で感じる気持ちを知って、自分の正直な気持ち、そして自分の価値観が明確になっていったなと思います。


だからこそ、今僕が大切にしているのは、


「どんな時でも、自分に心に正直でいること」


です。


IKJはたくさんのことを感じることのできる環境です。そして、その思った素直な感情を言葉にしてくれる、先輩たちがたくさんいる環境でもあります。

自分の心は、気持ちは、何なのか?

それを知り、正直になって生きていくことが、自分が生きていて良かったと思える人生に、楽しい、面白いと思える人生になるのだと僕は信じています。




最後に、

「今までの人生を振り返った時、良い思い出と悪い思い出どちらが多かったと思いますか?」


最後まで読んでいただきありがとうございました。