2018年11月13日火曜日

良い習慣をつける

YMTブログをご覧の皆さま、こんにちは。
学生団体YMT 第17期 部隊LEO 部隊長を任せていただいている綿引怜央です。
 
皆さんにはどんな習慣がありますか?


本を読む
元気なあいさつをする
歴史を学ぶ
積極的に挙手をする
目標を口にする

もし「こんな習慣がある人です。」と紹介されたとしたら、上記の習慣をもつ人のイメージは良いですよね。

逆に、

暇さえあれば寝る
相手に聴こえない程の声であいさつをする
すぐに諦める
愚痴を言う

これはちょっと、、、
前者の人と比べると劣ります。

もし、これが就活をしている学生だったらどうですか?
あなたは採用担当です。

Qどちらの学生がほしくなりますか?

答えは歴然です。
どんな採用担当であれ、99%の人が前者の学生を採用すると決断すると思います。


だから、就活までに、あるいは卒業後の就職までにどれだけ良い習慣をつけられるかが学生のうちにやるべきことの1つだと考えます。

そこで、もしあなたか良い習慣をつけたいと心から願うならば、私の通うIKJ一生懸命塾をオススメします。


自分の習慣を変えていくにはかなりの努力が必要です。
学生だったら、約20年かけて培ってきた習慣もあれば、大学に入ってから生まれた習慣もあります。

悪い習慣を良い習慣に変換していくには、
意識した行動が必要です。

でも、どうでしょう。
例えば、本音を言わずに生きてきた人が自分の意識だけで本音を言えるようになるでしょうか。
誰もできないとは思いませんが、そうとうの時間がかかりそうです。

自分一人で変えることが難しい習慣はたくさんあります。
でも、その習慣を変えたいと思う時に自分の意識に次いで必要なのはそれができるようになれる環境だと思います。

IKJ一生懸命塾をオススメする理由は、その環境にあります。

イメージをしてみてください。
フロアに来たら元気よくあいさつをし、
それに対して元気よくあいさつを返すのが当たり前。

「発表をしてくれる人?!」と問いかけたら、
10人中10人手が上がるのが当たり前。

こんな環境にいたら、最初は圧倒されるかもしれません。でも、人は慣れるのが得意な生き物です。
ゲームセンターに行ったら音の大きさにビックリしますが、時間の経過とともに、それが普通になっていきます。
しかも、最初はできなくても、慣れてきた時にチャレンジすると、それを見ててくれた人が「いいね!」と褒めてくれます。

大学の授業でやったら無言の注目をあびるだけなのが、
IKJ一生懸命塾でやると褒められます。


そんな環境で生活をしていたら、3ヶ月もすれば良い習慣が身についています。

僕は、手をあげることが当たり前になりましたし、物事の意図意味を考えるのが当たり前になりました。他にもたくさんあります。
環境の変化は人の変化に繋がります。
その環境が良い環境なら人も良くなり、
悪い環境なら人も悪くなります。


学生のみなさん。
社会人になるまでに、就活が本格化するまでに自分に良い習慣をつけたいと思う方は、是非IKJ一生懸命塾に見学に来てください。


最後までお読みいただき、有難うございました。