2018年10月22日月曜日

本音で話す

YMTブログのご覧の皆さん
こんにちは。

IKJ 一生懸命塾
学生団体YMT
第17期 HAWK2番隊隊長の
増渕早馬です。

突然ですが、
皆さんには本音で、本気でぶつかることができる友人はいますか?
同志はいますか?

自分の意見を言ったら相手を傷つけてしまうのでないか。
自分が輪を乱してしまうのではないか。
自分が輪の中から省かれてしまうのではないか。

本音を語る前に、こういったことを考えてしまって、結局自分の意見を言えないという経験はありませんか?


私自身、このIKJ 一生懸命塾に入るまでは、全然本音を言えませんでした。
本気で人とぶつかったことはありませんでした。

そして、それでも良いと思っていました。
実際、本音を言えない関係でも学校生活はなに不自由しないし、楽しいものでした。


しかしこのIKJ 一生懸命塾に入り、このままでは社会で生きていけないと気づきました。

今までは本気でぶつからなくても、最悪尻拭いは自分一人でできることの方が多かったです。
実際、1人で仕事を抱え込むことはたくさんありました。

しかし社会は違います。
責任は自分一人だけではなく、部署、ないしは会社全体に及ぶことだってたくさんあります。

そんなときになにも言えない自分だと、問題が大きくなるまで放っておいてしまう存在になってしまうと感じました。


本音で話すこと、本気でぶつかることは勇気がいることかもしれません。
しかしその勇気がなければ、人財と呼べる社会人にはなれないと考えています。

私の話を読んで、少しでも共感するところ、または人財になりたいという気持ちがありましたら、共々に成長していきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


IKJ 一生懸命塾
学生団体YMT
第17期 HAWK2番隊隊長
増渕早馬