2018年10月15日月曜日

良い環境をうまく利用しよう


YMTブログをご覧のみなさん、こんにちは!
学生団体YMT 第17期部隊HAWK 部隊長を務めております、森本です。


突然ですが質問です。

みなさんは今までの人生の中で、「自分には頑張っても無理だ」「もともと才能が無いから」と思って、何かを諦めた経験はありますか?


さらにもう一つ質問です。

では、みなさんの能力は生まれつき持ち合わせたものですか?


人間の能力は、先天的(遺伝によるもの)なものと、後天的(育った環境によるもの)なものと、どちらもが関係していると言われています。

つまり、「もともと才能が無い」「頑張っても無理」ということはありえないのです
なぜなら、そこには環境という大きな穴が潜んでいるからです。



みなさんは、マルハナバチという蜂を知っていますか?
実はマルハナバチは、航空力学上では飛べない生態でありながらも飛んでいるんです。

生まれながら、周りのマルハナバチが飛んでいるのを見て、自分も飛べるに違いないという思い込みから飛べるようになったと言われています。


もし、あなたの周りに、到底できないことに挑戦し、成し遂げている人がいたらどうですか?
「人にできて、人の努力で成しえないことはない」という考えを当たり前に持った人たちがいる環境にいたらどうですか?

今の自分のポテンシャルでは、なかなか手の届かない目標も見えてくるような気がしませんか?



私自身、IKJ一生懸命塾に出会う前は、自分にできなさそうなことはすぐに諦める癖がついていました。

どうせあの人よりも良い成果を残すことはできない、だからほどほどに手を抜こう。そんな考えで生きてきた私は、自分のできる範囲でしか努力しない、あるいは目指さない人間になっていました。


しかし今では、できるできないは、挑戦してから考えるような発想に変わりました

最初はできなくても、絶対に無理だとは思わなくなりました。むしろ、どんなことでも何とかできる!必ず道はあるはずだ!と思うようになりました。

これは私にとって大きな変化です。


私の思考が変わり、そしてできないことができるようになったのは、IKJ一生懸命塾という“環境”があったからです。
自分がなりたい自分になるには、自分を変えようと思うなら、どこで頑張るかという環境も大事です。

全員が全力で、互いに励ましながら、できないことを一つひとつ「できる」に変えていく、そんな環境にぜひ身を置いてみてはいかがでしょうか?



次はあなたの番です。
共に成長していきましょう!


お読みいただきありがとうございました。