2018年10月29日月曜日

日々の笑顔


ブログをご覧の皆様、こんにちは!

IKJ一生懸命塾 
学生団体YMT
17HAWK1番隊組長の笠です。

10月中旬から一気に冷え込んでまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

明るい表情でいること、その大切さを教えてくれたのがこのIKJ一生懸命塾でした。

私が塾に出会ったのは、今年の3月です。それまでの私は「自分さえよければ周りがどう思おうと関係ない」と考えていました。ですから人に向ける顔は常に無表情そのもので、「人を近づけないオーラを放っているね」と言われたこともありました。ですが、これを悪いものだととらえたことは全くありませんでした。前述のとおり、どんな表情をしようと私の勝手だと思っていたからです。

こんな私の意識を変えてくれたのがIKJ一生懸命塾でした。塾生はいつも、明るく元気にさわやかに私に接してくれます。私に限らず、誰に対してもその姿勢を崩すことはありません。私の性格とは対照的ともいえる環境でしたが、そんな塾生たちと関わることを嫌とは思いませんでした。むしろ、いつもキラキラとした笑顔で私に話しかけてくれたことで私自身も明るい気持ちになっていったのです。そんな塾生のことが私は好きになり、私もこんな風に、人から好かれるようになりたいと思うようになりました。こうした日々が、無表情一本だった私を変えていくきっかけになりました。

人間は必ずしも常に心から笑顔でいるわけではありません。世の中にはポジティブな現象だけでなく、ネガティブな現象も存在するからです。しかし、どんな時でも明るい表情でいることがとても大切です。空元気でもいい、まずは笑顔を作って元気にふるまうことで、気持ちもそれについてきます。

顔は自分のためではなく、他人のためについているそうです。なぜなら、自分で自分の顔を見る時間よりも、自分の顔が周りの人たちから見られる時間の方が長いからです。それならば、自分さえよければといって硬い表情をしているよりも、意識して明るくしていこう、そう思うようになりました。そうして表情を意識するようになった結果、表情が良くなったね、明るくなったねと周りから言ってもらえるようになりました。自分が意識して動いたことに気づいてもらえることは本当に嬉しくて、さらに表情を良くしようというモチベーションにもつながっています。IKJ一生懸命塾に入塾してから、それまでの自分にはできなかったことが少しずつできるようになり、成長を感じます。

成長とは、能力が上がることだけを指すのではありません。考え方が変わることも成長のうちなのです。私は、自分さえよければいいという考え方から、周りの人たちがどう感じるか、ということを考えられるようになりました。こうした変化は小さな一歩かもしれませんが、これを絶えず積み上げていくことが、なりたい自分に自分を近づけていきます。皆様も、自分を成長させるため、共に歩んでいきませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました!


IKJ一生懸命塾
学生団体YMT
17HAWK1番隊組長
笠ちふみ

2018年10月22日月曜日

本音で話す

YMTブログのご覧の皆さん
こんにちは。

IKJ 一生懸命塾
学生団体YMT
第17期 HAWK2番隊隊長の
増渕早馬です。

突然ですが、
皆さんには本音で、本気でぶつかることができる友人はいますか?
同志はいますか?

自分の意見を言ったら相手を傷つけてしまうのでないか。
自分が輪を乱してしまうのではないか。
自分が輪の中から省かれてしまうのではないか。

本音を語る前に、こういったことを考えてしまって、結局自分の意見を言えないという経験はありませんか?


私自身、このIKJ 一生懸命塾に入るまでは、全然本音を言えませんでした。
本気で人とぶつかったことはありませんでした。

そして、それでも良いと思っていました。
実際、本音を言えない関係でも学校生活はなに不自由しないし、楽しいものでした。


しかしこのIKJ 一生懸命塾に入り、このままでは社会で生きていけないと気づきました。

今までは本気でぶつからなくても、最悪尻拭いは自分一人でできることの方が多かったです。
実際、1人で仕事を抱え込むことはたくさんありました。

しかし社会は違います。
責任は自分一人だけではなく、部署、ないしは会社全体に及ぶことだってたくさんあります。

そんなときになにも言えない自分だと、問題が大きくなるまで放っておいてしまう存在になってしまうと感じました。


本音で話すこと、本気でぶつかることは勇気がいることかもしれません。
しかしその勇気がなければ、人財と呼べる社会人にはなれないと考えています。

私の話を読んで、少しでも共感するところ、または人財になりたいという気持ちがありましたら、共々に成長していきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


IKJ 一生懸命塾
学生団体YMT
第17期 HAWK2番隊隊長
増渕早馬

2018年10月15日月曜日

良い環境をうまく利用しよう


YMTブログをご覧のみなさん、こんにちは!
学生団体YMT 第17期部隊HAWK 部隊長を務めております、森本です。


突然ですが質問です。

みなさんは今までの人生の中で、「自分には頑張っても無理だ」「もともと才能が無いから」と思って、何かを諦めた経験はありますか?


さらにもう一つ質問です。

では、みなさんの能力は生まれつき持ち合わせたものですか?


人間の能力は、先天的(遺伝によるもの)なものと、後天的(育った環境によるもの)なものと、どちらもが関係していると言われています。

つまり、「もともと才能が無い」「頑張っても無理」ということはありえないのです
なぜなら、そこには環境という大きな穴が潜んでいるからです。



みなさんは、マルハナバチという蜂を知っていますか?
実はマルハナバチは、航空力学上では飛べない生態でありながらも飛んでいるんです。

生まれながら、周りのマルハナバチが飛んでいるのを見て、自分も飛べるに違いないという思い込みから飛べるようになったと言われています。


もし、あなたの周りに、到底できないことに挑戦し、成し遂げている人がいたらどうですか?
「人にできて、人の努力で成しえないことはない」という考えを当たり前に持った人たちがいる環境にいたらどうですか?

今の自分のポテンシャルでは、なかなか手の届かない目標も見えてくるような気がしませんか?



私自身、IKJ一生懸命塾に出会う前は、自分にできなさそうなことはすぐに諦める癖がついていました。

どうせあの人よりも良い成果を残すことはできない、だからほどほどに手を抜こう。そんな考えで生きてきた私は、自分のできる範囲でしか努力しない、あるいは目指さない人間になっていました。


しかし今では、できるできないは、挑戦してから考えるような発想に変わりました

最初はできなくても、絶対に無理だとは思わなくなりました。むしろ、どんなことでも何とかできる!必ず道はあるはずだ!と思うようになりました。

これは私にとって大きな変化です。


私の思考が変わり、そしてできないことができるようになったのは、IKJ一生懸命塾という“環境”があったからです。
自分がなりたい自分になるには、自分を変えようと思うなら、どこで頑張るかという環境も大事です。

全員が全力で、互いに励ましながら、できないことを一つひとつ「できる」に変えていく、そんな環境にぜひ身を置いてみてはいかがでしょうか?



次はあなたの番です。
共に成長していきましょう!


お読みいただきありがとうございました。