2018年1月12日金曜日

血より濃い水

YMTブログを読んで頂いている皆様、こんにちは。
第15期GRAMPUS2番隊で隊長を任せていただいております、町田と申します。

「血より濃い水」
そんな関係の仲間ができる、それがこの環境です。

どこか冷めていた大学生活。
「そんなにやんなくてもいいんじゃない?」「なんでそんなに熱くなってんの?」
少しでもやる気を出して何かをするだけで、周りからはそう言われました。

そしていつの間にか、私自身も熱くなっている人を横目に見るようになっていきました。
徐々に徐々に熱意を表に出すことができなくなっていきました。
そして、出来なくなればなるほど、そんな風に一生懸命になれる人に対して羨ましいと思う気持ちも大きくなっていきました

そんな時にこの一生懸命塾と出会いました。
ここは「一生懸命が馬鹿を見ない」場所。

この場所では、
「もっとできるよ」「まだまだそんなもんじゃないだろ」
少しでも妥協するだけで、そんな言葉が返ってくる。

一人一人がとことん一生懸命に、本気でやっている。
本気でぶつかり合って、本気で議論し合うからこそ、血のつながりよりも濃い関係性を築ける
切っても切れない「同志」と呼べる関係の仲間ができるのだと思います

私は今、本当に幸せだと感じます。
「幸せ」とは、目の前に一生懸命になれる何かがあること。

皆さんは目の前のこと自分のやりたいことに本当に一生懸命に取り組めていますか?
少しでも答えに迷ってしまった人、
もっと自分できるはずだと思う人、
あの時の熱さを取り戻したいと思う人。

ぜひ一度、この環境を見に来てみませんか?

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。