2018年4月21日土曜日

「絶対を作る」


ブログを読んでくださっているみなさん、こんにちは!
16期部隊LEO2番隊で隊長を任せていただくことになりました江角直人と申します。


4月も中旬になり、新生活を迎えたみなさんは新しい環境に慣れ始めてきた頃でしょうか。4月は新たな環境に身を置く、そんな季節ですね。新大学生、新社会人、新たな職場、新たな出会い、さまざまなことがあると思います。




自分が新大学生にどんなことを考えていたのか。いろんなことを考えていましたが、一つ思うこととして、正解を探しがちだったということです。
ある行動に対し、これが世間一般でいう正解。効率良くするためのものはこれ!というような正解を求めて生きてきたなと思います。



世の中に“絶対”ということはない。よく言われる言葉かもしれません。絶対という正解はない。
正解を求めがちでした。これが正しいんだと。でも世の中には絶対はありません。答えは一人一人の中にある。だからこそ、自分の中に信念を、軸を持って生きる。そのためには、自分の中に“絶対”を作る。これは絶対に守るというもの。
約束を守るでもいいし、時間厳守でもいい、いつも明るくいることでもいい。


“絶対”を作って行動をしていけば、自分の中で何か軸ができる。自信が持てると思います。
就職活動も本格的に始まり出し、面接やES作成をしている皆さん、あなたには"絶対"というものはありますか?
IKJ一生懸命塾には、“絶対”というものを持っている人、持とうと頑張っている人がたくさんいます。こんな環境で自分なりの“絶対”を見出して、強い自分になっていきましょう。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

2018年4月20日金曜日

自分事として捉える


YMTブログをお読みの皆さんこんにちは!
学生団体YMT第16期部隊LEOで部隊長をしております、綿引怜央です。

第16期もYMTブログを更新していきます。
よろしくお願いします。

さて。

①66.69%→33.85%
②77.88%→44.75%

上記の数字の変動は何を表しているかご存知でしょうか?




この数字は、約50年前と現在の国民選挙投票率の変動を表しています。
左が約50年前の投票率、右がH29年の投票率です。
また、①は20代で、②は30代となっています。

これをみて皆さんはどう感じるでしょうか???


若者の政治への関心意欲の低下、
危機感や問題意識、意志の無さが露骨にでているのがこの数字ではないでしょうか?
僕は大きすぎるこの国の問題だと思います。


前までの僕は、
投票はするけれど政治への興味関心は皆無で、
自分が暮らす国の政治のことを自分ごとに捉えていなかった。


しかし、IKJ一生懸命塾での活動を通してその意識は180度変わった。
今では、政治に関心と問題意識をもち、
この国をどうにかしなければならないと使命感を心に抱いている。

自分がなぜそのような考えをもつことができたのか。
それは無知ではなくなったからだ。
IKJ一生懸命塾では、「Why so?なぜ?」を大事にしている。
何をやるにも「なぜやるか?」の大義を重視するのだ。

いつの間にか、行動していくなかで必ず理由(なぜ)をもつようになっていた。
意図目的を大切にするようになったからこそ、
人がなぜそうするのかにも関心をもつようになった。

して、スポンジのような吸収力をもち、
話が線となってつながる政治経済の問題について講義を聴いた時、
自分が暮らす国の政治と若者に問題意識をもつようになった。
どうにかしたいと思うようになり、周りの学生に選挙への関心を高めてもらう為、自分の分かる限りの話をして友人の無知を無くしていくようになった。

今の若者には意志がないと言われるが、
この塾には自分の意志で行動している若者がたくさんいる。
そうなれるのがIKJ一生懸命塾だ。
今の自分に、世の中に問題意識をもっている方。
ぜひ一度、IKJ一生懸命塾を見に来てもらいたい。


未来の日本を背負うのは紛れもなく自分たち若者だ。
意志のある熱い若者がたくさんいるこの環境で共々に成長していきたい。


最後までお読みいただき有難うございました。


学生団体YMT 

部隊LEO 部隊長 綿引怜央

2018年3月30日金曜日

ミスマッチのない就活


YMTブログをご覧のみなさん、こんにちは!

ELEPHANT2番隊で隊長を務めております、森本です。




就活生のみなさん、何のために就職活動をしていますか?来春から働く場所を見つけるため、生きていくお金を稼ぐため、周りが就活をしているから

まだ就活が迫っていない方も、ぜひ考えてみてください。なぜこの時期に、この先の人生を決めなくてはならないのでしょうか?




就活が成功するかで、人生が大きく変わる。そうかもしれません。では、就活における成功とはなんなのでしょう。




私は、この20代前半で自分を見つめ直すことが就活の醍醐味だと思っています。

どんな企業に行きたいのか、どんな人と働きたいのか、どんな人生を歩んで行きたいのか。こういったことを考えていく中で、自分がどんな人間なのかを知る。その上で、自分という人間が最も価値を発揮できる場所を見つけられたら、就活は成功と言えるのではないでしょうか。




IKJ一生懸命塾では、とことん自分と向き合います。自分の知らない良いところを引き出してくれる環境です。一方で、自分の苦手にも気づかされ、日々修正してもらえる場でもあります。

自分がどんな人間なのか。私自身もIKJ一生懸命塾での活動を通じて、自分の強みや弱みを自覚させられることがたくさんありました。




自分をよく知っていなければ、自分に合った企業を見つけるのはとても難しいと思います。

ミスマッチのない就活をするために、あなたもぜひIKJ一生懸命塾で自分を見つめ直してみませんか?




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年3月10日土曜日

再決意の連続


YMTブログをご覧のみなさん、こんにちは。



15期部隊LEO2番隊の隊長を任せていただいております、
東京理科大学の吉田と申します。



2月が終わり、新生活を迎えようとしている3月、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
卒業式や卒業旅行、引っ越しの準備など慌ただしい毎日かと思います。



私はこの学生団体YMTに出会ったから2年が過ぎました。
様々なことを経験させていただき、人として分厚くなることが出来ました。





ここに出会ってから私が好きになった言葉があります。
それが「人生、決断と再決意の連続」という言葉です。



人生、決断をすることは多い。けれど、何かに理由をつけて自分が決断したことを諦めてしまうことがある。
大切なのは、再決意すること。決断した時の気持ちを、想いを思い出して「俺はこうしたかったんだよな。」と再決意すること。
これが人を前へ、前へと歩ませてくれる。決断と再決意が悪しきに流れそうになる自分の歩止めになってくれます。



この言葉を聞いた時、鳥肌が立ったのを今でも覚えています。
有言実行なんて出来なかった。出来なかった時に恥をかきたくなかったから。
決断した自分がいたのにも関わらず、出来なかった時に何かと理由をつけて諦める、自分を正当化する、そんな人生でした。

けれど、そんな自分が嫌で頑張ろうと思っている時に聞いたこの言葉は、衝撃的でした。




自分が何が言いたいか、それは自分自身は一番の敵であり、一番の味方でもある。
これからの人生、どうせ生きて行くのであれば、自分という人間の良いところを信じて生きましょうよ、ということです。




これから、社会に飛び立っていく中で、上手くいかないことがたくさんあるのだと思います。
きっとネガティブになってしまう時もあると思います。



そんな時に自分が決断したことをやり抜く自分を信じて、再決意して生きていけたら最高だなと思います。




人生、決断と再決意の連続です。
共々に頑張っていきましょう!





最後までご覧いただき、ありがとうございます。

2018年3月3日土曜日

自分と向き合う


YMTブログをご覧の皆さん、こんにちは。第15期部隊GRAMPUS1番隊隊長の鈴木涼太です。



いきなりですが、質問です。



皆さんは、出来ない事から逃げていませんか?



新しい事を初めから完璧に出来る人なんていません。

オリンピック選手の羽生結弦選手を想像して下さい。

どんなに凄い人であれ初めは必ず何かしらの苦労はしているはずです。



だから、今自分が出来ない事に対して落ち込む必要はありません。

しかし、落ち込んだ後に、自分は出来ないからこのままでいいやという現状維持だけは最もしてはいけません。



できるできないの個人差はあります。



ですが、こんな言葉があります。

『他人に出来て自分の努力で成し得ない事はない』



努力をし続けさえすれば、出来ない事も出来るようになります。

自分さえ諦めなければ、

必ず道は開けます。



社会に出る前に遊ぶのではなく、自分磨きをしたらいかがでしょうか??



今のうちに出来ない事から逃げないそんな自分作りをしていけば、どんな事があっても絶対耐えられる自分になれます。



楽な方に逃げずに改めて自分と向き合うそんな大学生活を送っていきましょう。





最後までご覧頂き、ありがとうございます。

2018年2月16日金曜日

コミュニケーション能力


YMTブログをお読みの皆さん、こんにちは!

15期部隊LEO1番隊で隊長の綿引怜央です!



今、企業が就活をしている学生に1番求めている能力をご存知ですか?





それは、「コミュニケーション能力」です。



最新の経団連の調査(2017年)によると、企業が若者に求める能力をランキング化すると、



1位 コミュニケーション能力 (15年連続)

2位 主体性                             9年連続)

3位 チャレンジ精神

4位 協調性

5位 誠実性



このようになる。





コミュニケーション能力が低下しているのが分かりますね。

これほどその能力が無くなっている要因はは、携帯電話、家庭ゲーム、パソコン、などの便利な商品によって直接人と会話する機会やその会話の質が失われているからだと思います。



たしかに、道を尋ねるのは人にではなく携帯で検索しますね。

SNSがあるから、何か共有したいことはネットに書き込んで終わりになってしまいます。





IKJ一生懸命塾には、コミュニケーション能力をつけたいと思って入塾する学生がたくさんいます。

その1人が自分です。



その学生たちはIKJで活動していると、少しずつコミュニケーション能力がついてきます。





要因はたくさんありますが、

その一つとして「語り」と呼ばれる塾生同士の対話があります。



塾生はレッスンを受けたり、YMTの活動をしながらこの語りも行なっています。



自分の意志を相手に話す。

相手の意志も心で聴く。



ただ会話ができるのがコミュニケーションではなく、

相手の気持ちを汲み取り、自分の気持ちを相手に伝えるコミュニケーションがとれるようになっていきます。





僕も、IKJ一生懸命塾で語りを通して、

相手の気持ちが分かるようになり、

自分の気持ちを素直に伝えられるようになりました。





今、1番企業から求められているコミュニケーション能力を一緒に身につけていきませんか?



できなかったことができるようになるのは本当に嬉しく、楽しいです!

自他共に磨いていきましょう!





最後までお読みいただき、有難うございます。

2018年2月9日金曜日

陽転思考


こんにちは。ホーク二番隊隊長の松原です。

二月になり、卒業のシーズンも近づいてきましたね。

四月から新しい環境で生活する人も多いと思います。



私が一生懸命塾での学生生活で学んだことの一つ

【ポジティブ】でいることについて書かせていただきます!!





ポジティブでいたい!

そう思う人は多いのではないでしょうか?



私たち人間、日々生きていたらネガティブになる時も

ポジティブになる時もあります。



ネガティブになる時ってどんな時ですか?

大学の提出物、試験に追われている時?

バイトやサークルで人間関係がうまくいかない時?



ポジティブでありたいと願うのに、実際はネガティブな生き方の人が多いように思います。

「ああ、もう無理」「辛い」「辞めたい」そう悶々と考えて、一人になってしまう。

本当はこの自分ではありたくないと思っていても、そう考えてしまったり、周りのネガティブに同調してしまう。そんなネガティブの連鎖が続いてしまう、そんな社会になっていると感じます。





でも、そんな考え方、生き方をしていても何も生まれない。

その時間が勿体無い!と私は思います。





私は、ポジティブは人は一切落ち込むことのない人のことを指すのだと考えていました。

でもそれはただ楽天的なだけで、真のポジティブはネガティブな時にすぐに這い上がれる人なのだと今は思います。





ポジティブに考えることを「陽転思考」と言うように、何か上手くいかないことがあっても、それをいい方向へ考え方を向け直す。

その積み重ねで、自分の考え方捉え方は変わっていきます。それを私は、この一生懸命塾でそれを身を以て感じています。





最弱チームが最強チームと対戦することになった時、

「勝つなんて無理」 と捉えるのか

「成長するチャンスじゃん!」 と前向きに捉えるのか。

ピンチはチャンスと捉える、後者の方がポジティブで前に進んでいますよね。





この一生懸命塾には、このように陽転思考に考える人、考えようとする人の集まりです。

だから、自然と自分もポジティブになれるし前へ進んでいくことができます。

そしてそれが自分の中で癖付き、自分の性格が陽転思考な、ポジティブな人間になっていきます。





ポジティブな人と環境にまず身を置くことで、ポジティブへの第一歩だと私は感じます。

それで私はポジティブに変われたから。





だから、
ポジティブになりたい!

そんな環境本当にあるの??

そう思う人は、一度来てみるといいと思います!

2018年2月6日火曜日

仲間の存在


YMTブログをご覧の皆さん、こんにちは。

15期部隊HAWK1番隊で隊長をさせていただいている、石田頌と申します。



ブログをご覧になっている皆さん、皆さんには「本音」で話せる仲間がどれだけいますか。今の世の中、本音で話すと、「なにむきになっているの?」と引いてしまう人も多く、また、「本音」を言わない方がうまくいく環境がたくさんあるんじゃないかなと思います。だから、思っていることを言わなくなってしまう人が多い、「自分が我慢すればいい」と思っている人も多いのではないでしょうか。



IKJ一生懸命塾に入塾してくる人も、「本音を言えない」「思っていることを言えない」という人も多くいます。しかし、IKJ一生懸命塾で活動していくうちに、「本音で話せない自分」が治されていきます。



それはなぜか。IKJ一生懸命塾では、本音でど真剣に向き合ってくれる仲間がいるからです。最初は「本音」を話せなかった人も、その人の為に本気でぶつかってくれる塾生と関わっていくうちに、自分の本音を言えるようになり、今度はこの人が、新しく入ってきた塾生に対して、同じように本気でぶつかっていくようになる。



最初からできていなかったからこそ、自分の経験談を踏まえて話ができる。最初から「本音」を言えていなかった人が、そんな話をしているから、「自分もこんな人になりたい」という思いになり、殻を破ろうとする。そして、何度も実践をしていくうちに、気づいたらなりたかった自分に近づいている。



IKJ一生懸命塾に入ってから数か月で、ガラッと変わったメンバーを何人も見てきました。それも、本音でぶつかってくれる「仲間」がいるからだと、私は思います。



最後まで読んでくださり、ありがとうございます。このブログを読んで、自分もこんな仲間と切磋琢磨していきたいと思った方、一緒にIKJ一生懸命塾で頑張ってみませんか?

2018年1月26日金曜日

人間らしさ

ブログを読んでくださっているみなさん、こんにちは!
学生団体YMTで総長をやらせていただいている羽儀と申します。

最近、AIが目覚ましい発展を遂げていますね。自動運転の車が走り、囲碁でAIに人間が負け、育て方で成長が変わるAIBOが発売されました。今でさえ、単純労働はロボットに取って代わられていて、今後ますます人間がやる必要がない仕事が増えていくそうです。昨年には、今後10年間、メガバンク3社で合計3万人以上が人員整理されるというニュースもありました。

こんな時代を生きていく、今の若者だからこそ考えないといけないと思います。『人間にしかできないことは何なのか』ということを。


一つの答えは、『感情』ではないでしょうか。


これが人間の一番の弱みであり、一番の武器だと想っています。


できるはずのことをできなくさせる、「面倒くさい」「誰かがやってくれるだろう」「何とかなるだろう」という悪しき感情があります。その一方で、できないことでもなんとかしてできるようにさせる、「自分がやらなきゃならない」「期待に応えたい」という責任感や使命感もあります。

良い感情も悪い感情も両方持ち合わせているのが人間です。そんな中で、良い感情を持った人が集まると相乗効果がおき、更に良い感情が引き出されていきます。相手が笑顔だと自分も笑顔になってしまうのと同じです。


IKJ一生懸命塾は、皆が腹の底から『感情』をさらけ出せる場所であり、人間が人間らしくなっていく場所です。大学生活の中で埋もれてしまった、良い感情が思いっきり引き出される場所です。だからこそ、AIにも負けない眞金の如き人財になれる場所だと想っています。

IKJ一生懸命塾でともに人間らしい人間になりませんか?

最後まで読んでいただき有難うございました。

2018年1月19日金曜日

目標を持つ


YMTブログをご覧の皆さん、こんにちは!

15期女夢綴り会で会長を任せていただいております鈴木里菜です。



皆さんはどんな自分になりたいですか?

そのためにどんな努力をしていますか?



多くの大学生を見ていると夢や目標を持っている大学生が少ないように感じます。

それでは今、なぜ大学に通っているのでしょうか?

それは周りに合わせてしまっているからではないでしょうか?



今の大学生は産まれた時から、携帯電話の普及も始まっていた便利社会でした。

そんな中では自分から求めていかなくても、目標を持っていなくとも、ある程度満足度のある生活することができてしまいます。

大学において、自分の為したいことがなかったとしても、大学に入らず就職するのではなく、とりあえず大学に行くという人が殆どです。

目標も持たずに大学に行くからこそ、勉学より遊びが優先で楽な道に進み続けています。

そんな結果、楽な毎日を経験した大学生が社会に出たところで3割の人間が3年で離職をしてしまっています。





私自身もこの一生懸命塾に入るまでは、堕落した大学生でした。

未来の自分に対して、全く希望を持っていませんでした。

とりあえず、単位を取るために大学に通っていたからこそ、就活の時に自分がしたいことがわからないという壁にぶち当たりました。

そんな中で出会ったのがこの一生懸命塾です。



今の私には夢があります。

なりたい自分像があります。

それはこの一生懸命塾で見つかりました。



我武者羅に目の前のことに取り組むことで

本氣で人と向き合うことで

たくさんの失敗をすることで

背中を押し続ける存在がいることで

自分の間違えを叱ってくれる存在がいることで

一緒に戦う仲間がいることで



この一生懸命塾で私は自分に対して希望を持つことができました。

こんな私でも努力さえすれば、為し得ることがある、成長することができると実感できています。

だからこそ、今もなりたい自分になるために、常に目標を絶やさずに持ち、達成するために日々努力を続けています。



時間は有限です。

この時間をどう過ごすかは自分次第です。

せっかくの同じ時間なのであれば、

自分を成長させ、意味のある人生を送りませんか?

自分のなりたい自分になりませんか?



目標は逃げません。

逃げるのは自分だけです。

自分が諦めさえしなければ、必ずなりたい自分になることができます。



是非、あなたもこの一生懸命塾でなりたい自分、探しませんか?目指しませんか?



読んでいただき、ありがとうございました。




2018年1月12日金曜日

血より濃い水

YMTブログを読んで頂いている皆様、こんにちは。
第15期GRAMPUS2番隊で隊長を任せていただいております、町田と申します。

「血より濃い水」
そんな関係の仲間ができる、それがこの環境です。

どこか冷めていた大学生活。
「そんなにやんなくてもいいんじゃない?」「なんでそんなに熱くなってんの?」
少しでもやる気を出して何かをするだけで、周りからはそう言われました。

そしていつの間にか、私自身も熱くなっている人を横目に見るようになっていきました。
徐々に徐々に熱意を表に出すことができなくなっていきました。
そして、出来なくなればなるほど、そんな風に一生懸命になれる人に対して羨ましいと思う気持ちも大きくなっていきました

そんな時にこの一生懸命塾と出会いました。
ここは「一生懸命が馬鹿を見ない」場所。

この場所では、
「もっとできるよ」「まだまだそんなもんじゃないだろ」
少しでも妥協するだけで、そんな言葉が返ってくる。

一人一人がとことん一生懸命に、本気でやっている。
本気でぶつかり合って、本気で議論し合うからこそ、血のつながりよりも濃い関係性を築ける
切っても切れない「同志」と呼べる関係の仲間ができるのだと思います

私は今、本当に幸せだと感じます。
「幸せ」とは、目の前に一生懸命になれる何かがあること。

皆さんは目の前のこと自分のやりたいことに本当に一生懸命に取り組めていますか?
少しでも答えに迷ってしまった人、
もっと自分できるはずだと思う人、
あの時の熱さを取り戻したいと思う人。

ぜひ一度、この環境を見に来てみませんか?

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

自分の強みを引き出そう

YMTブログをご覧の皆さん、こんにちは!
15YMTの部隊ELEPHANT2番隊で隊長を務めております、森本芙生と申します。


みなさんは、自分の強みを知っていますか?

改めて問われると、すぐに出てこない人もいると思います。
就活生の中には、ESや面接における自己PRがうまくできずに悩んでいる人もいるかもしれません。

ですが、今置かれている環境が、大学やサークルといった偏った環境だとしたら、
自分の強みを見失ってしまっても仕方がないのかもしれません。

似たような考え方や価値観を持った人が集まる、共通の趣味や特技を持った人が集まるような環境にいると、
本来他の人から見たら優れている部分も、強みではないと感じてしまうこともあるかと思います。

実際に私自身も、IKJ一生懸命塾に出会うまでは、同じくらいの学力の人間と、似た趣味を持った、価値観の似た人間としか接する機会がありませんでした。
そしていつも人と比べてしまい、自分の良いところなど無いと思い込んでいました。

しかし、この一生懸命塾という環境には、考え方や価値観、得意なことが違う学生がたくさんいます。
誰でもできると思っていたことが、実は自分の特技だったり、逆に自分では想像もつかない考えをする人がいたり。
そして、イベント等の活動では、一人ひとりが活躍できる機会がたくさんあります。

そんな中で、今までは当たり前だと思っていたことが、自分の良い部分、他人の役に立つ部分なのだと気づかせてくれ、引き出して伸ばしてくれました。


みなさんの中にも、まだ活かしきれていない良い部分がたくさんあるかもしれません。
ぜひIKJ一生懸命塾で、潜在している強みを引き出してみませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年1月6日土曜日

何故の追究

YMTブログをご覧の皆様、新年明けましておめでとうございます。
 
15期部隊 ELEPHANT 1番隊 隊長 澁谷海武樹です。
今年もよろしくお願いします。



皆さま、2018年をこんな一年にしていきたいという想いはありますか?

一年の計は元旦にあり。
一生懸命塾では元旦に書き初めを行います。
そして、私が掲げた漢字は『探究心』です。

この塾に入るまでの私は、皆んなが大学に行くから大学に行こう。
皆んながこれくらい頑張るなら自分もこれくらい頑張ろう。

そんな風に自分の決断や考えをしっかりと持たないまま生きていました。

けれど、それでは困難にぶつかった時に立ち向かえない。自分の中に何故頑張っているのか、やらなければいけないと思えるモノが無いからです。

『何故』という気持ちを一生懸命塾は大事にしています。

ただ、今の若者は『何故これをやらなければいけないのか』『こんな事に意味はない』と考える人が多い様に感じます。

この一生懸命塾には意義意図の無いモノは一つもありません。
そして、何をやるかではなく何故やるかを常に大事にしています。

私はそんな環境で変化した事があります。

意味が無い、と見限るのではなく、意味を見出そう、という発想に変わっていきました。

皆さんは何故、今の学校に通っているんですか?
何故、その大学を選んだんですか?

そして、その何故を大事に日々生きる事が出来ているでしょうか。

もし、今の自分に語れる『何故』が無いのなら一生懸命塾で共々に見つけていければと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。