2017年11月10日金曜日

大切なものは目に見えない


久しぶりに更新させていただきます。半年ごとに期が変わる学生団体YMT。2週間前から始まった第15期も総長を任せて頂くことになりました羽儀と申します。



我々はちょうど1ヶ月前、東日本大震災復興支援イベント「ふぇすてばる絆&&絆」を開催しました。今年で第5回となったこのイベント。目指しているのは「心の支援」です。



お金を送るでもなく、物を送るでもなく、笑顔や元気を届けようという想いでやり続けています。目に見える成果がなく、不安になったこともあります。それでも継続しているのは、本当に大切なものは目に見えないと思っているからです。「絆」も「思いやり」も「愛」も目には見えません。



大切であることは誰も異論無いはずなのに、目に見えないから大切にできていない。そう考えると、人は何とも矛盾した存在です。



「目には見えないけれど大切なもの」を信じられるようになる。IKJ一生懸命塾はそんな場所です。目の前にある「得」を取るのではなく、見えない遥か先にある「得」のために茨の道を選べる若者を目指しています。



見ず知らずの福島の人のために、何ヶ月も先のイベントのために、自分のお金と時間を使い準備をする。その過程で、生きる上で大切なものにたくさん気付きました。それが何なのかは言葉で伝えたところで意味はありません。自分で体験し、自分で見出して初めて意味あるものになります。



IKJ一生懸命塾は触れてみなければ良さはわかりません。どれだけ写真や言葉を並べても、ラーメンの美味しさが分からないのと同じです。



この塾に少しでも興味を持ってくださった方、是非自分の目で観てみてほしいと想います。最後まで読んでいただきありがとうございました。