2014年5月1日木曜日

自分に厳しく、人に優しく


第8期学生団体YMTの部隊GRAMPUS一番隊で隊長を務めさせて頂いております、名倉誉裕です。


よろしくお願いします。



GWに突入しましたが、皆さんダラダラしていたりしませんか?
あまり怠けず、日々を充実させて過ごしていきましょう!




まず最初に、皆さんに質問したいことがあります。



自分に厳しく生きることはできていますか?



僕は、人は大きく2つに分けることができると思います。

一方は、自分に甘い人間。

もう一方は、自分に厳しい人間です。



どちらの方が人としてより魅力があると思いますか?




僕は元々、人一倍自分に甘い人間でした。



つらいこと、きついこと、困難なことがあると、すぐに逃げ出すような人間でした。


人が見ているところでは頑張っているフリをし、人が見ていないところでは手を抜いて
適当にやっていたのです。


大学生になり、一年生の時は大学のよさこいサークルに所属し、二年生の時は外部のそこそこ有名な学生団体に所属して活動していました。


普通に楽しい大学生活は送れていました。


人一倍色々なことを経験してきた自負心はあるし、大学生活に満足しているつもりでした。
ただ、どこか心が満たされない自分がいたのです。


そう言えば、大学生活を過ごしてきた中で、友達はいても、本当の仲間、親友、同志と呼べる存在を作れてこなかったな・・


そんなことを思っていた時、IKJ一生懸命塾に出会いました。



正直、最初は半信半疑でした。一ヶ月経ったら、辞めようと思っていたのです。




それから今まで8ヵ月が過ぎました。そして、入塾当初には考えられなかったぐらい、僕は成長することが出来るようになりました。



IKJ一生懸命塾の良さはレッスンだけではありません。


この学生団体YMTという最高の組織があり、日々活動している中で、仲間と互いの夢や志を語り合ったりしています。


僕達のような大学生だけでは気付かない過ちを、先生方を初め、様々な大人の方々が指摘して下さり、指導して叱って下さるのです。


今の世の中、一体誰が僕達大学生を叱ってくれるでしょうか?


その素晴らしい中で、僕達は過ちを直し、人として成長していくことが出来ます。僕自身も、たくさん叱られ、その中で成長してこれたのです。


学生団体YMTという組織の中で、僕は多くの人と語り合ってきました。


役職もいただき、体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいを何度も経験してきました。


そうやって活動していく中で、自分の中に確固たる軸を見つけることが出来たし、自分に厳しくなれるようにもなってきました。




人は自分に厳しく出来るようになれば、自分に自信もつくし、堂々と出来るようになります。




自分に厳しく出来るからこそ、人に本当に意味で優しくなれるのです。



本当の意味で優しくなれるからこそ、心から人を褒めることが出来るようになるし、相手のことを想って指摘できるようにもなります。





自分に厳しく出来る人の言葉には説得力があるし、言葉に重みがあるのです。




ここまで読んでくれた人の中には、「じゃあ自分に厳しくなるにはどうすれば良いの?」と思う人もいるかもしれません。



自分に厳しくなるにはどうすれば良いか?



僕は、物事を継続することだと断言できます。


それもただ継続するだけではありません。


大切なことは、人が、やった方が絶対良いと思いつつも、面倒くさがってやらないことを継続してやることです



自信を持って言えるのですが、これは確実に自分に自信が持てるようになります。



特におすすめなのが、毎日必ず30分間走ることです。


雨の日も風の日も、体調が悪い日も走り続けてみてください。


一ヶ月も続けてみたら、なぜおすすめかが分るようになります。
それぐらい効果が高いです。


面倒くさいなと思うことほど、自分に厳しく取りくんでみて下さい。
必ず成長できます。僕がそうでしたから。




IKJ一生懸命塾の4Fフロアは、今日も活気に溢れていました。




皆が目を輝かせながら、共に明日に向かって語り合っているのです。



就職活動が不安な就活生、今の現状に満足していない大学生に僕はぜひ言いたい。




一度このIKJ一生懸命塾にきてみて欲しい。


君が今まで探していたものが、ここにはきっとある。


本当の仲間が、同志がここにはたくさんいる。



そして、IKJ一生懸命塾に入塾した時には、ぜひ僕と語ろう。



まだ見ぬ君とIKJ一生懸命塾4Fフロアで出会えるのを心から楽しみにしています!




IKJ一生懸命塾 学生団体YMT 第8期部隊GRAMPUS  一番隊隊長 
早稲田大学4年 名倉誉裕