2014年4月28日月曜日

挑戦できる環境


8期学生団体YMTの部隊LEO一番隊で隊長を務めさせて頂いております、

安倍健登です。

よろしくお願いします。

 

 

突然ですが、みなさんに質問があります。

みなさんは壁にぶちあたったとき、どうしますか?

 

私は壁にぶちあったときにこそ、その人の“本質”が見えると思っています。

失敗覚悟で挑戦する人。

失敗が怖くて、挑戦せずに諦める人。

 

あなたはどっちですか?

 

 

 

 

私は今までの人生、常に何かに一生懸命でした。

小学校の時は少年野球。中学、高校では部活動。そして、大学ではサークル活動。

スポーツをやっているから勉強はできない、そう思われるのが嫌で勉強も必死にやってきました。

 

いつも何かと向き合ってきた私が何とも向き合わなくなったのは、大学のサークルを引退したときです。初めて、無気力になりました。

 

 

そんなときに出会ったのがIKJ一生懸命塾。

ここならもしかすると本気で向き合えるかも!そう思って入塾しました。

 

 

入塾当初、自分にとってIKJ一生懸命塾は無気力な私が“就活”という壁に立ち向かっていくために活力を与えてくれる場としか思っていませんでした。

でも、こんな自分を巻き込もうとしてくれた先輩方のおかげで気づけばこの環境の虜になっていました。

 

 

ここの塾生はみんなが自分の軸をもっていました。

誰かと語るといつも

なんで?なんで?

と繰り返し聞かれます。

入塾当初、薄っぺらい意見しかもっていなかったので2.3回なんで?を聞かれると答えられなくなる自分がいました。

悔しくて、なんで?の仕返しをしてみました。

でもここの塾生はみんな生き生きとして理由を答えてくれました。

なぜこんなにも「自分をもっている」のか、なぜこんなにも「自分のことを語れる」のか。

とても興味をもったのと同時に、とても惹かれていきました。

 

 

ここの塾生はみんなが本気でぶつかってきてくれます。

この環境にいると今まで経験したこともないような壁にぶちあたることがあります。

逃げ出したくなる瞬間も数えきれないくらいありました。

 

でも俺は絶対に逃げません。

なぜか?

成長したいから。

壁にぶつかったときこそ成長できるチャンスです。

 

本気でぶつかってくれる人だらけだからこそIKJ一生懸命塾にいると何度も壁にぶちあたることができます。

 

つまり成長のチャンスそれだけ転がっているのです。

 

 

私はIKJ一生懸命塾に入塾して、初めて本気でぶつかってくれる大人と出会いました。目指すべき師と出会えました。

 

師から生き様を学びました。

 

自分の目指すべき理想の自分をIKJ一生懸命塾では見つけることができます。

 

そして、その理想に向かって本気で挑戦できる環境が用意されています。

 

 

 

壁にぶちあたっても、私は絶対に逃げません。

なんでわざわざ逃げて、成長のチャンスを逃さないといけないのか。

失敗したっていいじゃないか。

 

 

失敗からいろんなことを学べる。

失敗から自分自身を成長させることができる。

なにより、失敗してもそれを糧にして次につなげられたとき、

その失敗は失敗じゃなくなる。私はそう考えています。

 

 

 

 

壁にぶちあたったときあなたはどうしますか?







早稲田大学4年 安倍健登