2014年3月12日水曜日

帰る場所

皆さんこんにちは。
学生団体YMTで河原部隊2番隊の隊長をさせていただいております、
東京大学教育学部4年の谷口大祐です。

昨日3/11は東日本大震災から丸三年が経過した日でした。みなさん、震災について、なにかを思うことがあったでしょうか。IKJ一生懸命塾では、あの震災を忘れてはならない、風化させてはならないという思いで、継続的な募金活動や現地でのイベント開催など、いろいろな形で活動を行っています。

震災というものを改めて思い出し、あることを感じました。それは帰るべき場所があるということがもたらす安心感の大きさです。自宅、実家、故郷、等々。多くの人が何らかの形で自分の帰るべき場所を持っています。普段は当たり前のように存在しているからこそ、その有り難さになかなか気づくことができませんが、いざ失ってみると、その不安はとても大きいもののようです。

東日本大震災でも、多くの方が自分の“帰る場所”をなくされました。家族を失った方がいます。故郷を失った方がいます。その不安がもたらした傷跡は3年で癒えるものではないのでしょう。決して震災を過去のものにしてはならない、忘れないようにしていく大切さを感じます。

話は変わりますが、我々4年生は来月には社会という戦場に足を踏み入れることになります。厳しい社会で戦い続けるのは、決して簡単なことではありません。そんな時に、自分の帰る場所があれば、人は戦えるのではないでしょうか。

IKJ一生懸命塾は、まさにそういう場所になるんじゃないか、と感じさせてくれます。家族のような雰囲気と学びある環境を兼ね備えています。昨年卒業された先輩方も度々顔を見せに来てくれる、そんな“戻ってきたくなる”場所がIKJ一生懸命塾という塾の魅力です。

みなさんも、自分の“帰る場所”にもうひとつ、このIKJ一生懸命塾という環境を加えてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


IKJ一生懸命塾 Club the 一生懸命YMT 東京大学4年 谷口大祐