2014年1月7日火曜日

感謝

こんにちは!
野間部隊二番隊隊長の東京理科大学の小池です!

さてさてみなさん!
今ある環境、時代、自分と関わるあらゆる人を、その全てにありがたいと想える若者はどれほどいるでしょうか?

感謝のできる若者が今少なくなっていると言われています。

なぜか?

物があふれる豊かな時代になったからです。

欲しいもの、
今はすぐに手に入る時代ですよね?

やりたいこと、
すぐに手が出せる時代ですよね?

僕ら若者は、我慢しなくても、耐え忍ばなくても、必死に歯を食いしばらなくても、
欲しいモノが手に入り、やりたいことができる時代になっています。

そんな時代に生きる若者は感謝を知っているでしょうか?

自分のことを考えてみましょう。

今目の前にモノがあることがあたりまえになっていませんか?
すぐに好きなことができる目の前の環境があたりまえだと思っていませんか?

あたりまえのことなんて何一つない。

今与えられているモノが、環境ができるまでには、誰かの多くの苦労と努力と時間がかけられている。

戦後に歯を食いしばって頑張った人達がいるから、今の僕らの豊かな暮らしがある。

そんな環境と時代をあたりまえだと思ってはいけない。

感謝しましょう!

今あるこの環境に!

感謝することで、目の前のモノがあたりまえではなく、特別なものに変わっていきます。

「たかが」を「されど」で考える。

そんな感謝にIKJ一生懸命塾で気付かされることでしょう。

IKJ一生懸命塾では、そんな長期的で全体的で根本的な考え方をガンガン教えてくれます

いままで見えてこなかった世の中のあたりまえでない部分が見えてきますよ!

IKJ一生懸命塾にてともに感謝できる若者になりましょう!!

ありがとうございました!!