2013年12月5日木曜日

こんにちは!
IKJ一生懸命塾 学生団体YMTにて野間部隊2番隊長させていただいています、
東京理科大学の小池です。


さてさて、いきなり質問ですが、
みなさんはどんなときに恥を感じますか?


上着のボタンが一つずれてたとき?
口元に米粒が付いてたとき?
夕方頃に思わぬ寝癖がついてた事に気づいたとき?


まぁまぁ、

誰しも経験ありますよね。
きっと僕だけじゃないはず!(笑)


僕らが”恥”を感じるのは、そんな失敗をしてしまったときだったと思います。


しかし、昔は違いました。

日本の歴史を振り返ると、


先代から引き継いだ名を汚すことが恥でしたし、
自らの名誉を損なうことが恥とされていました。(「武士の道に反する」など)


あるべき姿にない状態を”恥”としていたのが、日本の歴史です。




さぁ、今の日本をそんな目でもう一度見てみましょう。


○○銀行がやくざにお金を総額2億円も融資していたことを誤魔化していたり、
ホテルが100g500円のトビウオの卵を3500円のレッドキャビアとメニューに表記していたり、
福島の除染業者が、除染と言って放射性廃棄物を地に埋めてコストダウンを測ったり。


恥を恥だと感じぬ大人が多くいることを見事に示唆しているのではないでしょうか?


豊かさでは心は育たない。
”豊かさ”を延々と追い求め、ある程度の豊かになった日本だからこそ、今心の問題に直面していると思います。


性善説を説いた中国の思想家、孟子の言葉に以下のような言葉があります。


―――――――――――――――――――――――――――

孟子曰く、
恥の人に於けるや大なり。
機変の巧を為す者は、恥を用ふる所無し。
人に若しかざるを恥ざれば、何ぞ人に若しくこと有らんや、と。


(現代語訳)
孟子が言った。
恥は人を人たらしめるに大なるものである。
巧みに偽りて是非を変ずる者は、恥ずべきことすらも恥じず。
足らざる自分を恥じざれば、どうして人たるを得るだろうか、と。

―――――――――――――――――――――――――――


あるべき姿になり得ていない、そんな足りない自分を自覚し、律していく”恥”が人として大切であるにもかかわらず、
現代の日本人にはそこが大いに足りていないのではないでしょうか?


豊かさだけを追い求めては、このような恥を感じる社会に変えていくことなどできないと思います。

あるべき姿は僕たち自身がもともと持っているものです。
しかし、それを重要視できていない今がある。
恥は知っているけれど、恥ずべき行動をとることに恥ずかしさを感じなくなっている。
恥をとるよりもその先の豊かさをとる。
そんな豊かさを追い求めてきた弊害なのかもしれません。



では、どうしたらよいのでしょうか?




震災の直後の東北を思い出してください。




東北では秩序も何もかもなくなったのにもかかわらず、大きな混乱など起きなかった。

きちんと並んで支給を受ける日本人を海外の多くのメディアは絶賛しました。
僕ら自身もそのことを誇りに感じたのではないでしょうか?

日本人として恥ずべき行いを行わなかった。
なぜでしょうか?

お金のためですか?
豊かさのためですか?

いえ、

この危機を「みんな」で乗り越えようと一つになれたからだと思います。


自分のためだけではなく、「みんなのために」を考えられたからこそ、恥ずべき行いをしようとする自分を律せられたのではないでしょうか?


今の日本に必要なのは、そんな心です。


「誰かのために」「みんなのために」


「みんなのために」を真剣に考えるホテルが誤表記しないですよね。
「みんなのために」を真剣に考える除染業者が、安全よりもコストを優先することないですよね。


日本人が恥を感じるべきあるべき姿こそがまさしく「誰かのために」です!


IKJ一生懸命塾では、そんな「ForYou」な心を学べます。



そして、その大切さが「これでもか!」ってくらい感じられるイベントがもうすぐ開かれます!!

それが、12月15日福島県岩手市小名浜マリンパークで開かれる、

ふぇすてばる絆&絆&絆


「誰かのために」をただひたすらに一生懸命に無我夢中に貫き通すイベント。

自分たちのためではなく、福島の方のために募金活動でお金を集め、
企業に協賛をお願いして、ビンゴの景品やお金をいただき、
そして自分たちは募金したお金ではなく、一生懸命バイトしたお金で東北へ向かう。

自分以外の誰かのためにそこまでがんばる機会は他にありますか?


いやない!!


そんな誰かのために頑張れる若者、
最高でしょ?


さぁ、あなたも「誰かのために」一生懸命になってみませんか?




IKJ一生懸命塾 Club the 一生懸命 

東京理科大学6年 小池巨