2013年12月24日火曜日

人間らしさ



こんにちは!
IKJ一生懸命塾YMT 天満部隊1番隊隊長の田口凌です。

僕はこの1年を振り返って人間になった。人間に近づいた。そんな1年間でした。
1年前の僕は、自分の欲望を十分満たしている人ほど幸せ。お金、社会的地位時間があれば、必ず幸せになれる。だからまずは社会的に有名な会社に就職して、今まで通りなにやってもある程度成功するだろう。その為にとにかく自分磨きをして社会で早く働きたい!その為にも、他人と関わるとエネルギーを使うと思って、好きな人以外とは交流しない。自分にとって損か得か、得なら覚えておいて実践してみようと取捨選択して、世の中を頭の中にある方程式に当てはめていました。

IKJでもなかなかそんな自分は捨てられず、良いか悪いかも感じないただ消費しているだけの時間が多くなり、本当に自分が何をしているのか、何の為にしているのかと自問自答、何も感じられないのに、なんで「どうだった?」って聞くの?なんでレポートを書くの?と思った時もありましたが、とにかくIKJに通い続け、とにかく前に進み続けた毎日でした。

初めはそう感じていたけれど、1年を振り返ってみると今まで経験してきたどの1年よりも充実した、有意義な期間でした。こんなに成長した事ないってくらい!不思議となにがあったから成長したとは明確に分からないけれど、この1年が妙に鮮明に心に残る1年でした。

今になってこう思います。世の中は方程式に当てはめられる程簡単なものでない事。
そして人は人でしか磨かれない!
どんなに頭が良くて、どんなにスキル、ノウハウがあっても限界がある。
一人の人間って本当にちっぽけな存在なんだって。
人と人とが語り合い、ぶつかり合い、想い合う事でしか得られないものがある。育まれないものがある。目には見えない、頭では理解できない、愛、感謝、絆…。人の成長にめちゃくちゃ必要なもの、人間らしさだと思います。
それが人間力であり、無限の可能性だと思います。
その根源は感じるという事。 IKJの活動を通じて、心から湧いてくるような喜び、楽しさ、悲しみ、悔しさ…を毎日感じ、一日一日が今では鮮明に胸に刻まれています。その積み重ねが人を作り、分熱い人間になっていきます。

頭で考えているだけのロボットはもったいない!
せっかく人間として生まれたのだから、心で感じ心から躍動出来る人間に!

このブログを読んで少しでも「感じるっていいな」と思ってくれたら幸いです
ありがとうございました。

IKJ一生懸命塾YMT
天満部隊1番隊隊長 田口 凌