2013年11月8日金曜日

幸せの定義とは

こんにちは!IKJ一生懸命塾 学生団体YMT 部隊長 河原佑一朗です。




人はどうせなら幸せでありたいものだと思います。



では、幸せとは何でしょうか。

あなたは何に幸せを見出しますか?



今の日本の大人を、若者を見ていると彼らは何に幸せを見出しているだろうか。

金、名誉、地位、あるいは自由な時間、縛られない生活、酒、遊び、男女関係。

そんなものに幸せを見出している人が多いように思います。


間違いなく、それらは大切なものですし、自分の気持ちを高めてくれるものだと思います。


しかし、自分の人生がそんなものの為だけにあっていいものだろうか。

そんなもの第一義で生きていっていいのだろうか。

上に挙げたような“幸せ”は幸せと呼べるのか。ともするとそれは快楽なのではないだろうか。


快楽の為に一生、生き続けるのか。

快楽に溺れながらその人生を終えるのか。



せっかく人として生まれてきたならば、

そして今こんなにも物の豊かな時代に、そしてこれほどまでに恵まれた日本に生まれてきたならば、


もっと高貴な生き方をしてもいいんじゃなかろうか。

もっと人間らしい幸せを追い求めてもいいんじゃなかろうか。


それが一生懸命を日々生きることであり、誰かの為に、何かの為に、というFor You精神に生きること、だと僕は思います。


常に一生懸命100%、常にFor You100%、とはいかないと思います。

僕らは仏ではないので快楽なしで生きていくことは難しいでしょう。

そんなものを一心不乱に追いかける時期があるかもしれません。



しかし、それのみで終わる人生では寂しい。

より高貴な幸せの為に生きられる自分もいてほしい。

いつかそんな自分が花咲くような自分づくりをしておこうじゃないか。



青年期は人の一生を基礎作る。

だからこそこの青年期にそんな高貴な幸せの感覚を持ち合わせた自分づくりをしよう。

それがいつか、自分の人生に大きなものをもたらす。



そういった思いで教育をしているのがこのIKJ一生懸命塾だと僕は思っています。





もう一度問います。

あなたは何に幸せを見出しますか。






IKJ一生懸命塾 学生団体YMT 部隊長

東京大学4 河原佑一朗