2013年10月31日木曜日

善きこと

皆さんこんにちは!

IKJ一生懸命塾YMTで野間部隊二番隊で隊長しております、
東京理科大学4年の小池巨です。


さてさて、いきなりですが質問です。



皆さんの思う“正しいこと”“善きこと”とは、一体何ですか?



よく父や母、先生から言われたことかと思います。


「正しいことをしなさい」
「悪いことはしてはいけないですよ」



あのとき、先生が言っていた“正しいこと”とはなんだったのでしょうか?



教えてもらったことはたくさんあります。



「授業中に立ち歩いてはダメ!」
「いじめはよくない!」
「遅刻はダメでしょ!」



よくよく考えると、してはいけない“悪いこと”ばかりです。



そして、そんな悪いことをしない子が良い子ではありませんでしたか?



今の学校において、正しいことをするよりも、悪いことをしないことが評価される、そんな教育があります。
”悪いこと”をしない子が良い子です。


故に、
”正しいこと””善きこと”が評価されず、「善い」が一体なんなのかわからぬまま大人をむかえた人たちがほとんどではないでしょうか?



ましてや、今の大学生、”悪いこと”も平然と何食わぬ顔でやってのけますよね。
罪悪感など一切感じずに…。





”悪いこと”は平然とやり、そして”善いこと”が一体なんなのかもわからない。



そんな若者は一体どこへ向かうのでしょうか?


今のような堕落した社会人生活を送るのでしょうか?




今、ハっとしたそこのあなた(若者)へ朗報です。




悪いことを叱ってくれて、善きことを一緒に考えてくれる塾がある。




僕はそんな塾に出会えて変われました。





IKJ一生懸命塾。




IKJ一生懸命塾では、あたり前をあたり前にこなす人こそが、国の宝となる『人財』であると説き、塾生を厳しく指導してくださいます。
”悪いこと”なんて見過ごさない。


そして、
IKJ一生懸命塾での活動、社員さんの教え、歴史、演歌、そして塾生同士の「語り」を通して、
本当に正しいこととはなんなのか、人としてのあるべき姿とはどんな姿なのか、
そんな自分の『軸』のヒントをたくさん提供してくれます。
本当の”善きこと”を一緒に考えてくれる。



僕にもIKJ一生懸命塾で教えてもらえた大切な”善きこと”があります。
これから一生貫き続ける僕の『原点』です。
それが、
「誰かのために行動すること」
です。


目の前の誰か、遠くの誰か、どこかで困っている誰か、苦しんでいる誰か、
そんな誰かのために行動すること。




自分のためだけの人生なんてケチでもったいない!




せっかく誰かを勇気づけられる口があるなら、
せっかく誰かに差し伸べられる手があるなら、
せっかく誰かのもとへ駆けていける足があるなら、
誰かに幸せ与えられる、人間になろうよ!


みんなを笑顔にしていこうよ!



そんな確信と信念と誇りとなる、太くて大きな自分の『軸』、
そして、その先にある”善きこと”、
それをIKJ一生懸命塾で教わりました。



共に『あるべき人間の姿』について考えていきましょう!
それが自分の軸となり、哲学となり、”正しいこと”へとつながっていきます。



さぁ、分厚い自分作りへ!!
いざ出陣せよ!!!



IKJ一生懸命塾 Club The一生懸命YMT 野間部隊2番隊長 小池巨