2013年6月24日月曜日

愛、そして心酔

こんにちはClub the 一生懸命塾YMT4番隊隊長の坂本です。


June Anniversary TRIP という名の記念すべき3周年の旅行から昨夜帰って参りました。
IKJ一生懸命塾を卒業した絆会メンバー、我々塾生、そして社員の三位一体で、

しゃべりまくり、うたいまくり、たべまくり、のみまくり
うごきまくり、笑いまくり、いじりまくり、
そして…


成長しまくりの“まくり・まつり”を共々に過ごしました。

行きのバスからは演歌祭り、
自己紹介で殻破り
夏に行われるトレーニングキャンプの役員発表
カラオケ大会で死ぬほど笑いまくり、
スポーツ大会で一生懸命になり、
有志による雄叫びで涙し
隊別パフォーマンスで競い合い、
スピーチ、決起と…

もう盛りだくさんの行事。


もう言葉では表すことができないほど最高でした!!!
本当に、最高でした!!!




IKJ一生懸命塾では、旅行は学びの場、最高に感じる場だと言われます。
私がこの3日間を通じて感じたことを今日このブログに綴らせて頂きます。

「慈しみの愛」。
IKJ一生懸命塾を創設してくださった代表、そして本部長、社員の方々の覚悟・本気さを間近で体感し、心から愛を感じました。

塾生の人は、誰もが感じたことがあるでしょう。
「なぜこの人は、こんなに自分を気をかけてくれるのか?」
「なぜそこまで厳しく言うのだろう…」
「なぜ自分にここまで期待するのだろう…」




全て愛なんです。
一つのアンケートで始まる出会いに対する感謝心が半端じゃないです。
だから、目の前にいる子に本気でぶつかり、絶対に絶対に救ってあげる、成長させる。

そんな想いで日々働いてらっしゃるんです。

奇跡の縁から始まる。
人と人で創られる。
この、IKJ一生懸命塾。

ここにある全てのものは本物です。
清く・正しく・美しく!!!これが社員さんの生き様なんです。

私は、この社員さんの生き様、本気さを魂で感じ、「心酔する」大切さを学びました。
心酔とは…夢中になることです。

またもや塾生の人は誰もが感じることがあるでしょう。
「本当に塾を信じて良いのか…だまされているのではないか」
「他のことも忙しく、塾だけに時間を割かれたくない」


凄ーくその気持ちわかります。
わかるからこそ、私が言えることは、

物事の全ては「信じる」ことから始っているということ。
世の中で大成をしている人に共通しているのは、自分のやっていることに誇りと確信と信念を抱いているということです。

やるからにはとことん夢中でやらなければただの時間の無駄です。
半信半疑でやっていれば、何も得られるものはないです。

IKJ一生懸命塾での活動、全てに心酔すれば
いずれ夢が見つかるでしょう。
いずれ新しい自分に生まれ変わるでしょう。
気付けば、歴史が後からなぞるようについてくるでしょう。


長くなりましたが…愛と心酔。私がIKJ一生懸命塾で学んだことです。
IKJに出会えて幸せです!!!

以上でブログを締めさせて頂きます。ありがとうございました。