2013年6月20日木曜日

志ひとつ!

こんにちは、IKJ一生懸命塾4番隊隊長の坂本真梨子です!

本日は、「こころざし」というテーマです。


「志」とは何でしょう。
私は人を強くするものだと思います。


IKJ一生懸命塾ではよく「歴史を知らぬ者に未来はない」と言われます。

以前の私はまったく理解できませんでした。
歴史なんか知らなくても生きていけるよ!
歴史なんか知っても変わらないよ!

と・・・。
共感した人!
おそらく、自分の生きる時代と昔の時代を別の次元で捕らえてしまい、
同じ人間であるのに、どこか雲の上の存在という認識から抜け出すことができないのだと思います。私はそうでした!!!


でも今ならわかります!
歴史会で戦国時代の数々の武士の生き様を知り・・・
自分自身の目指す志が強くなることを。

なぜ変わったのか!!!
それは歴史を知り、ただ知ったという事実だけでなく
そこから今の自分を見つめ直す、向き合う、もしくは今の時代を考えることをしたからです!

私自身は、他人に周りに流されることが日常茶飯事になっている今だからこそ、
きちんとした正視眼を持ち、善悪で物事を判断できる若者にならなくてはいけないと。

歴史を通じて強くそう思い直しました。

薄っぺらい人間関係が当たり前に、人と人とが向き合うことが避けられる今だからこそ、
自分の師や老に恩や儀を持ち、人に対してまっすぐな人間にならなくてはいけないと。

歴史を通じて強くそう思い直しました。


一度旗を立ち上げたなら、最後まであきらめず戦い続ける。
名誉や財、そんなものがなくとも志ひとつで生きていける!

歴史を通じて強くそう思い直しました。




日々の出会い
日々の自己成長
うれしいこともあれば、一方で

今目の前で起こっていることが、
たとえ辛く
たとえ苦しく
たとえ悲しくとも

10年後、20年後、振り返った時、軌跡として自分の生き様が残る、後悔しない生き方をしていきましょう!!

IKJ一生懸命塾 4番隊隊長 坂本真梨子