2013年6月1日土曜日

一生懸命


こんにちは。女夢綴り会会長です!


「一生懸命塾」


私が入塾するとき、この名前に驚きました。なぜなら一生懸命になることに魅力を感じていなかったから。一生懸命がよくわからなかったからです。さらに塾といえば、中学や高校で通っていた、学校の勉強を補うような塾のイメージ。大学生で塾に通う、そんなことがよくわからなかったのです。

 

しかし、本当に少しだけ興味があったような気がします。



入塾時の私は、一生懸命な姿を見られるのが恥ずかしい、そう思っていた人間です。一生懸命やったって、うまくいくことばかりではない。そんな失敗する姿が恥ずかしいと思っていました。

そんな概念は、一生懸命塾にいるとすぐに壊されます。夢や目標に向かって一生懸命努力する、その姿は、失敗する姿さえもかっこいい。そう思えるようになりました。

 

なんで塾生がそんなに一生懸命なのか?

それは働いている社員さんが一生懸命だから。

 

先月の30日、IKJ私設応援団の募金活動が行われました!東日本大震災で被災された方々に元気を届けたい!日本を元気にしたい!そんな想いから、塾生だけで募金活動を行なっていました。

 そこに、社員さんが来て、私達と一緒に活動を行なってくれたのです。普段は教室でレッスンをしてくださっている講師の方が、普段は営業を行なっている社員の方が、朝の8時から一緒に活動してくださったのです!

 

 こんなに愛があり、熱意を持ち、一生懸命な大人はいますか?IKJ一生懸命塾にはそんな大人や、学生ばかりです。


 募金活動を通じて、街の中にも、きっと心のどこかに、「一生懸命」や「FORYOU精神」というものをいいと思ってくれる人がたくさんいるのではないかと感じました。けれども、その心に素直になれていないだけではないのでしょうか?


 みんなが想像する塾というものからいえば、一生懸命塾は塾のようで塾ではないかもしれません。しかし、学校で教えてくれないことを教えてくれるという本来の意味でいえば、最高の塾だと思います。

 

一生懸命が好きな人。

一生懸命に興味を持った人。

一生懸命がよくわからない人。

一生懸命にまったく関心がない人。

一生懸命を馬鹿にする人。

 

一生懸命塾に来れば、全員が何か感じるものがあるはずです。なぜなら、言葉だけでは伝わらない心がそこにあるから。そして、その感じた心に素直になってほしい。その心が今の日本には必要だと思います。


一生懸命塾 YMT 女夢綴り会会長