2013年5月12日日曜日

若者を見ればその国の将来がわかる


こんにちは。

IKJ私設応援団団長です。

一昨日東京都では最高気温が28度になったとのこと。
いよいよ暑い時期がそこまで来たなという感じですね!

急に暑くなってくると精神的にも体力的にも体調を崩しやすくなります。
だから、体調管理に気をつけていくのはもちろんですが、
病は気からと言われるように陽の気を補充するためにIKJ一生懸命塾に行きましょう!

さて、今日のテーマは「若者を見ればその国の将来がわかる」です。

この言葉IKJ一生懸命塾のレッスンや歴史会、政経会でよく教えていただく言葉ですが、
IKJ私設応援団でのMTGや活動でもこの言葉を意識しています。

現在の若者が将来のその国を造り支えていくのですから
この言葉は一つ一つの国がものすごく意識しなくてはならない言葉ではないでしょうか。

今、日本では多くの問題があります。その一つが教育に関するものでしょう。
私は小学校から大学までの講義や授業の中で
日本の学問、教育は頭ばかりの教育で、行動や実践をするものがないなと感じてきました。

その一つが英語でしょう。
日本人はものすごい時間を英語に使っているのにまるで話せるようにはなりません。
これこそ、日本の教育が抱える矛盾なのではないかと感じてしまうほどです。

そんな今こそ知行合一の教育が必要なのではないでしょうか?

“知行合一”という言葉をみなさんは知っていますか?
江戸時代の陽明学という学問の考え方の一つです。

辞書によると
知行合一 = 
     知識と行為は一体であるということ。本当の知は実践を伴わなければならないということ

ということでした。

これってなんか似たようなものを聞いたことあるような・・・と考えていると
これってIKJ一生懸命塾のレッスンとYMTの活動ではないか!!

そう、学んだことを実際の行動に移してみて
初めて人は学んだと言えるのだと江戸時代から証明されているわけですね!
しかし、現実の日本ではその実践まですることは本当に少ない。

そんな日本において、実践しているのがIKJ一生懸命塾なのです。
そのような環境で学ばせてもらっている私たちは
一人ひとりが本当の人財に成長し、
これからの日本を造り、支える人になるチャンスがたくさんあります。

私たちが日本の若者の代表たらん、そんな人財に成長し
日本の将来は安泰だと思う人が増えるような社会を共に造り上げていきましょう!

まずは今日一日笑顔と元気なあいさつから!!

以上
一生懸命塾 IKJ私設応援団団長