2013年4月9日火曜日

IKJ 一生懸命塾で学んだこと


こんにちは!
Club the 一生懸命 YMT 二番隊隊長です!

今回は私がIKJ 一生懸命塾で学んだことをブログに綴っていきたいと思います。

IKJは色々なことを教えてくれます。

そのなかで私が特に強く感じたことは
・無邪気の大切さ
・一生懸命の大切さ
です。


無邪気とは何なのか。

邪気を無くすということです。
邪気とは良い恰好したいという思いや、失敗したくないという思い、変なプライド、損得勘定などです。

私はこういった思いに苛まれて生きてきました。

だから自分の本心と行動が違う。
その結果、どこか違和感を抱くし、気持ちよくない。

そんな私がIKJで無邪気になってみろと言われました。

周りの目を気にせず、自分の本心が、良心がやるべきだと思ったことはとにかくやってみる。悩む前にまずやってみる。

そんな無邪気さを受け入れてくれる環境がIKJにはあります。

そして無邪気にやってみたらどうでしょう。
今までにない発見、体験があったし、感じたことのない心の動きがありました。
本当の人間らしさを実感しました。

なぜ今まで私は自分でブレーキをかけてきたのか。
それがいかにもったいないことだったのかに気付きました。

そんな無邪気の大切さを教えてくれました。



一生懸命がなぜ大切なのか。

一生懸命のその先には今まで知らなかった境地があるからです。

IKJに入る前の自分はどこまでも効率主義で、失敗するのが怖かった。一生懸命になるのが怖かった。
邪気だらけだったわけです。

でも、IKJに入って、無邪気になって、イベントなどを通して一生懸命になりました。

するとそこには自分の知らなかった世界がありました。

本当の絆、本当の同志、本当の感動、本当の達成感、本当の悔しさ。

今までの経験が、常識が全て覆されました。
自分はまだ22年しか生きていなかったのです。
その常識は変わって当然ということにも気づかされました。

疲れているときでも、同志の笑顔を見たら満面の笑みがこぼれてきました。
そして、そんな同志がいることに涙しました。

これは言葉では表しきれない、最高の感情です。

実際に体験してみないとわからないものです。

だからこそ一生懸命は大切だし、素晴らしいのです。

IKJ 一生懸命塾は私に一生懸命の大切さも教えてくれました。

そんな環境があることに感謝して、今回のブログを締めたいと思います。
ありがとうございました。

IKJ 一生懸命塾 Club the 一生懸命 YMT 二番隊隊長