2013年2月24日日曜日

今を生きろ~Carpe Diem~

こんばんは!!
CLUB the 一生懸命 YMT 第五期 四番隊隊長です。

風が強く、肌寒い日が続きますが、もう2月も終わりですね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

就活生のみんなを見ていると、ESやら選考やらでドタバタしていますね。
もちろん忙しく、かつ焦ってきていると思いますが、ご安心を!!

IKJ一生懸命塾でレッスンやカウンセリングをフル活用している塾生は

イキイキしてます!!

この会社の理念が僕の就活コンセプトとマッチしているんです!
とか…
周りが行くところがいいわけじゃない。自分が働きたいと思えるかが大事なんだ!
とか…
やっと私、自分の夢がわかってきたんです!そんな会社も見つけたんです!
とか…

けど、悩んでいる子に限って

自分カタログがまだできてないんです。
とか…
これでいいのかわからないけど、チェックもしてもらってないんです。
とか…
焦って、自己分析を疎かに選考ばっかしてました。
とか・・・

コレって凄いですよね!!
しっかりやれば、チェックすれば、質問・相談すれば、間違いない!!
だからこそ、就活を一人でやるのは…

ダメ、ゼッタイ!モッタイナイ!です。

しっかり活用して、ミスマッチのない就活を成功させましょう!!


さて、今日は「今を生きろ」というテーマでお話しします。

突然ですが皆さん。

今、この一瞬を生きていますか??

急になんだ、となりますよね。
もう少しわかりやすくしましょう。

今、心から躍動し、一瞬一瞬を素直に生きていますか??

なぜ急にこんなこと聞くかといいますと、ある映画を見たんです。
それは「今を生きる」という映画です。
※映画は有名なので、検索すれば出ます。

内容は、名門進学校に来た破天荒な英語(アメリカなので日本に例えるなら『国語』のこと)教師が詩の大切さを通して生徒の心を溶かしていくストーリーです。
ストーリーの中で、先生が語る言葉で感化され、子供たちが心から躍動し、素直な心で日々変化していく様子が描かれています。

それを見て、まるでIKJ一生懸命塾だなぁと感じました。
社員さん、講師の方から語って頂く言葉には今までの人生にない魅力があります。その言葉に日々、心動かされます。動いてみて見える世界に感動します。うまくいかなかった時に投げかけられる言葉に衝撃を受け、同時に自分の可能性に再び躍動します。
この環境にいることがありがたい、本当に感謝やなぁと胸が温まります。

映画の中に世の中の疑問にかけるようなシーンがあります。
自分のやりたいことを親が理解してくれない。「良い大学を出て、医者になれ。全てお前のためだ」とレールを敷く父親。それに逆らえず苦しむ学生に言った先生の言葉です。

君は演じているんだ従順な息子の役を

難しくても本当の自分をさらけ出すんだ

強い信念と情熱で証明してみろ

やりたいことはあるのに、貫き通すことって難しいですよね。
親のやり方は嫌でも、自分のために言ってくれていると思うと反論できなかったりするかもしれません。
本当のこと、難しいからって言い訳にしてしまうのも、人の弱さです。

難しいから敗けてしまう想い。
どうせ無理だと諦めてしまう心。
苦しみ受け入れることに逃げてしまう自分。
こんな悪い現象に、打ち勝てない若者が増えています。

これは、人間らしい生き方ですか?

お前のためにといって、安全安心を求める気持ちはわかります。
お金が悪いとは言いません。
資格や学歴が要らないものとも言いません。
名誉や名声を求めたらいけないとも言いません。

しかし、それらがあるから幸せになれるのでしょうか?
それらは『生きるために必要なもの』であり『生きる糧』ではありません。

『生きる糧』というのは

夢・浪漫・志・利他愛・忠義

といった『心』のはず。

なぜか今、そんな『必要なもの』ばかりを大切にする世の中になっています。
特に、就職に関して親が口出して言うことのほとんどが『必要なもの』です。

僕は、形だけにこだわる世の中がおかしいと思います。
IKJ一生懸命塾が教えてくださった『心』が『生きる糧』になっています。

夢があるから頑張れる。
浪漫があるから躍動する。
志があるから乗り越えられる。
利他愛があるから苦しみが喜びに変わる。
忠義があるから強くなれる。

そんな人生選びが大事なんです。

だからこそ

今を生きろ~Carpe Diem~

今やりたいこと、目の前にあることを一生懸命やることが大事なんだ。
やらされているのは自分の心が動いていない。
自分の頭で考えて、自分で決めて、自分から動かなければ意味がない。


塾生にとっては、今の卒塾生と共に過ごせる時間は残りわずかです。
今の一瞬一瞬を素直に生きましょう。
相手に伝える想いを残さず言いましょう。
どうせ伝わらない…
そんなこと考えている暇があるなら動いてみてください。
目の前にいる人はずっといるとは限りません。
やるなら疑わず。
とことん素直に。
そしたら、心が開いて、つかえも取れるはず。
相手の心も開いて、通じ合えるでしょう。
そして共に歩むことで、心が刺激され躍動します。

今、心から躍動し、一瞬一瞬を素直に生きよう。

そう。

今を生きろ!


CLUB the 一生懸命 YMT 第五期 四番隊隊長