2013年2月11日月曜日

想いを形に

こんばんは!CLUB the 一生懸命YMT 1番隊隊長です!

2月3,4,5日と我らが本部長のバースデー旅行に行ってまいりました!
静岡の掛川までバスで移動したわけですが、バスの中からIKJ 一生懸命塾は違います。
歌いまくり、叫びまくり、想いを形にする時間。

今回は、そんな「想いを形に」という題で書かせていただきます。


僕はこの3日間で今まで生きてきた約20年分の涙を流したような気分でした。
客員講師、本部長の愛、慈しみ、器を感じたこと、最高の仲間であり絶対に負けたくない隊長たちを感じたこと、いろんな人の想いを見たり聞いたことが、僕の心を打ちました。


想いを人に伝える手段は様々。


その中でも今回本当に心揺さぶられたのが「歌」です。


本部長が1日目の夜に演歌を何曲も歌ってくださいました。
別に今回初めてというわけではありませんが、旅行中一番泣いたのはここでした。


その曲の名は「人生山河」。


本部長の美しく高い声、優しい厳しい表情、一つ一つの動き、オーラ。
全てに圧倒されながら、見入っていた時のことでした。

3番を本部長が僕に目を合わせて歌っていたのです。


歌詞抜粋

いくら辛くて 長くても

春にならない 冬はない

じっと耐えれば いつの日か

きっと自分の 風が吹く

明日を信じて 歩いたら

道は開ける 道は開ける 人生山河


今までの色々なことがフラッシュバックしてきました。
辛かったこと、悲しかったこと、恥ずかしかったこと。


本部長の全てを包み込むような笑顔と魂こもった歌声に、気付けば涙腺は崩壊。
あまり人前で泣いたことがないので、どんな顔をすればいいかわかりませんでした。


でも、そんな醜い顔でも全然恥ずかしくない。
いや、むしろ見てもらいたい。
自分の弱さを認めてもらえることが嬉しい。


IKJ 一生懸命塾に入って、初めて自分の弱さと対峙し、認めることができました。


全て客員講師、本部長のおかげです。


「歌」という想いの形。


僕はIKJ 一生懸命塾の歌が大好きです。

本部長、本当にお誕生日おめでとうございます。
どこまでもついていきます。
また最高の歌、聞かせてください!!!


CLUB the 一生懸命YMT 1番隊隊長