2013年1月6日日曜日

「志」


CLUB THE一生懸命YMT 五番隊隊長です!!

 

2013年を迎えて、5日が過ぎました。
日本においては、自民安倍政権となり新しいリーダー、政策のもと新たな日本の構築に期待がかかります。
何より、この国を美しい国にするためにも泥臭く、汗臭くとも必ず変革する固い志を貫いてほしいものです。

さて、今日は私が愛してやまない大好きなレッスンの一つである「組織」より♪
最後のページをめくると、組織に必要な「目的」・「志」・「ビジョン」・「ロマン」と心を奮わす面々が姿を現します。

今日は、その中から「志」について。

みなさんは最初に抱いた決意を覚えていますか?

その決意を実行しようと行動していますか?

 

おそらく出来ていないでしょう。あるいは、忘れてしまっているでしょう。

 

私は自分の決意を忘れてしまっていました。
去年の今頃、私も新入生として就活の日々を送っていた。
しかし、入塾した当初の決意や成長したいという考えは日毎に薄れ、そして忘れた。

誰もが最初はできる。
だが、徐々にそれは口だけの形のないものとなっていく。

イベントをやり抜き、塾もつかめてきて、自分の場所を見つけてくる。それにも関わらず、決意は忘れる。

なぜか?
志を見つけようとしていないからだ。
言い換えれば軸。何にもかえられない、一生貫きたい自分の想い。



私は志がない。なんてことは無いと思っている。
みんな志はきちんと持っており、きちんと引き出しにしまっている。ただ、その引き出しを開けるための鍵を見つけられておらず、開ける努力をしていない。

その鍵は案外ひょんな所にあるものだ。

私はIKJで見つけた。色んなところに鍵はあった。

 

一か月に12回も語りもしてくれる組長との語りの中で。

いつも隊を引っ張ってくれている熱い隊長の語りの中で。

毎日毎日、我々の成長のため、人間作りのためにレッスンを行ってくださる講師の方々の想い溢れる言葉の中に。

どれだけ、しょぼくれても愛ある言葉でいつも救い上げてくださる担当さんの中に。

そして、IKJでの活動の中に。

 

私は、鍵を見つけた。

 

なぜか?

IKJは志を持った人間ばかりだからだ。

今までの人生で志や夢を語りつくす環境があっただろうか。ないだろう。

確信と信念と誇りを持って一生懸命塾は日々邁進している。この中で志が見つからないなんてことは無い。言い切ってもいい。

時間はかかっても必ず志は見つかる。いや、いつしか手に握っているかもしれない。

 

今の時代「志」なんて、キザでダサくて綺麗ごとと言われるだろう。

でも、私は人々が軽視し蔑まれても貫きたい。

 

IKJで見つけた志が明日の自分を輝かせている。

IKJで見つけた志が真の同志を引き合わせてくれた。

 

今は無様でも、人生の最期に志は人を最高に輝かせる。

生涯にわたって、人間に活力を与え生きる充実を与え、そして一度きりの人生を最高のものに思わせる。

それが、「志」

 

それをみんなは今いる環境で手に入れることができるってことを知ってほしい。

さぁ!年末・年始で休み過ぎた身体をまた揺り起こして、また決意を鑑みよう!!

 

「志」は必ずある。あなたの中に。

 

2013年がみなさんによって善き年になりますように。

CLUB THE 一生懸命YMT 五番隊隊長