2013年1月23日水曜日

男たちの大和



こんにちは!
Club the 一生懸命 YMT 副総長兼3番隊隊長です!

最近IKJ一生懸命塾では風邪が流行っているそうですが。。
病は気から!という事で全部気合でふっ飛ばしましょう!

最近「男たちの大和」という映画を見ました。
当時、史上最強かつ最大だった戦艦大和。
沖縄水上特攻作戦の姿を描いた作品であり、当時の日本人の生き様を表した作品でもある。

「彼らはどんな想いで戦争にいったのか?」
「死を覚悟した時の人々の想いはどうだったのか?」
恋人との別れ 妻との別れ 親との別れ
そして共に日本を守ろうと決意した戦友との出会い

今の日本にはないものを感じさせられました。

当時、日本国に命を懸けた男たち
戦友が隣で死んでも、自分は戦い続ける姿

そんな生き様を見ました。

「この国は一度負けないと立ち直れない」という映画のセリフがとても印象的です。

歴史は思う大志のもと、なぞるように後ろからついてくるもの。

こんな生き様をした人達がいるから今がある。
敗戦国日本。当時何もなかったけれど、人々が生きるために一生懸命だった時代。
そして物質的豊かさが芽生え、一生懸命じゃなくても生きられる今の時代。

そんな今、人々は一番大切な事を忘れてしまっているのではないか?
「心の豊かさ」

日本のために命を懸けた若者がいるからこそ今がある。
たとえ仲間がぶっ倒れようと、
死ぬ事がわかっていようとも、
戦い続けた人がいるから今がある。

豊かだからこそ一生懸命やろう
これを当たり前の環境と思わず一生懸命やろう
誰かのために一生懸命やろう

そんな想いを持った男達の方がかっこいい!と自分は思う。

IKJ一生懸命塾ではそんな事を
イベントを通して
歴史会を通して
日々のYMTの活動を通して

気付かせてくれるのです。

最初は
就活目的だけで、内定がとりたくて入塾した人しかいない
ただただプレゼンが上手くなりたくて入塾した人しかいない
ただただ人を動かす経験がしてみたくて入塾した人しかいない

でも自分も含め、そんな人達がIKJ一生懸命塾の
活動を通して学び、同志から学び、日本の歴史から学んでいく事で

価値観がガラッと変わっていく。
全体観を持つ様になる
夢を持てる。

新入生に言いたい。
「とにかくここで全力でやってみてほしい!!!!」

Club the 一生懸命 YMT 副総長兼3番隊隊長