2012年10月12日金曜日

継続すること・新しいこと

こんにちは!CLUB the 一生懸命YMT 1番隊隊長です!

再び期限ミスをしてしまいました。
本当に申し訳ありません…!
長が率先垂範せずに、誰がついてくるのでしょうか。
もう一度、気合入れ直します。



今回は「継続すること・新しいこと」について書きたいと思います。


今YMTは第5期になり、新しい役員、新しいコンセプトなどたくさんのことが変わりました。
しかし目に見えて形は変わっても、目に見えないものが引継がれ、決して変わらない部分があります。


僕はそれをとても尊いものだ!と感じます。


自分一人で何かを続けることは比較的簡単です。
例えば趣味を毎日してみたり、ジョギングを習慣づけたり。

しかし組織というメンバーの入れ替えやシステムの変更がある環境においてはどうでしょうか。

自分一人の考えだけではやっていけません。
皆で語り合い決まったこと、、熱い想い、伝統。
ずっと続いていくものがあるということは、とても貴重で素晴らしいことだと思います。


第5期のコンセプトは「魂の継承~実証~」です。


この5期で必ず、過去の一生懸命を継承し未来に残る次元の大成功を収め、実証してみせます。



そして一方、「新しいこと」とは何でしょうか。

僕は2012 Final Festivalという12月のイベントの企画長に任命されました。
企画セクションとして、僕は「誰も考えつかなかった新しいこと」をしたいと考えました。
それは決して過去を忘れて、奇を衒うためではありません。

今のYMTのメンバーでしかできないこと」こそ一番の証明になると思ったからです。

たくさん成長させてくれる社員さん方に対して恩返しするためにも、僕らにしかできない新しい形をみせたい。
そしてその形とは「過去をしっかり継承し、頭を使って想像したもの」だと思います。


つまり、

継続することがなければ新しいものは生まれないし、
新しいものがなければ何も継続されない。

のではないでしょうか。


IKJは日々進化しています。
レッスンプログラムが新しくなったり、グッズが製作されたり、様々です。
そんな環境で過ごせば、成長するに決まっています。

僕は、第5期も隊長をすることができて、とても幸せです。

継続できる幸せ、日々新しい環境にいれる幸せ。



あれ、やっぱりIKJって最高やん。


CLUB the 一生懸命YMT 1番隊隊長