2012年7月17日火曜日

本当に強い人

こんばんは!

7番隊の隊長です!

今日も暑かったですね!最高気温はなんと34度!!そんな中7番隊はトレーニングキャンプに向け、朝から練習してきました!太陽にも負けぬ熱気で、大縄、ドッジボール、アカペラと盛り上がりましたよ!

夢中でやっていたら、暑さなど忘れていました!


ただ皆さん、熱中症だけは気を付けてくださいね!

さて、今日僕が書きたいのは「本当に強い人とは、人に頼る人だ」いうことです。

皆さんこんなときってありませんか?

「俺は頑張ってるのになかなかうまくいかない。」「問題があるのにぜんぜん解決できない」。

そんな人に言いたい。

あなたは何もかもを一人でやろうとしていませんか?

僕はIK Jで学びました。どんなことだって、一人でやっていたら何もうまくはいきません。

問題解決において大切なのは、人に頼ることです。

それはなぜか。

人間は弱い生き物だからです。

人間は弱い。一人になるとすぐネガティブになる。うまくいかないとすぐに人のせいにしてしまう。

また、1人の能力、キャパシティ、出来ることなんてたかがしれています。

だから仲間がいる、組織があるんです。一人じゃ出来ないから、一人だとすぐに逃げてしまうから仲間がいるんです。

だから、人に頼ることは恥ずかしいことなんかじゃない。むしろ当たり前のことです。

だからこそ、まず弱い自分を認めなければいけない。それが問題解決の第1歩です。

しかし、こう思ってしまう人もいるはずです。

「私が出来ないのなんてわかってる。けど人に迷惑はかけたくない。だから一人でやろう」

そんな人に言いたい。

迷惑なんて人にどんどんかければいい。

むしろ僕は人間は生きてる限り人に迷惑をかけざるをえないとさえ思っています。

ただ大事なのは、迷惑をかけることを当たり前だと思わないこと。そして人に迷惑をかけたぶんだけ、その分人のために頑張ろうと思えばいいんです。

そうやってお互いが頼り、頼られる関係のなかで人は強くなってきました。多くのことを成し遂げてきました。

一人で抱え込んで何になる。顔をあげてみろ。何でも受け止めてくれる人たちが少なくともIKJにはたくさんいる。

人に頼ったっていいじゃないか。

自己防衛本能や自己顕示欲を捨て、人に頼ることが出来る人。その勇気がある人が本当に強い人であり、何かを成し遂げられるんです。

今一度言います。

あなたは何でも一人でやろうとしていませんか?

CLUB THE 一生懸命  7番隊 隊長