2012年7月6日金曜日

長として

こんにちは。
Club The 一生懸命 6番隊隊長です。

突然ですが、皆さんには信頼できる、尊敬できる、そんなリーダー・上司・マネジャーはいますか??

私にはいます!!!

最近のIKJのClubの活動から感じたことを元に、そのうちの一人の方のことについて述べていきたいと思います。

現在、9月のTraining Campに向けてClub The 一生懸命では活動しています。私はその中で、「会計」というセクションの長も同時に務め、イベントに携わっています。
 その活動の中では、「会計」に関して、本部長や係長からすべての仕事を任され、期待されて活動に取り組んでいます。仕事の方法や指針等もすべて任せてくださるわけです!

 しかし、その活動の中で私はある一つのミスをしてしまったのです。。。

そこで、オブザーバーとして協力してくれている係長がとった行動が、私の心に響きました。

私自身のミスであったのに、そのフォローをほぼ全て係長が行ってくれたのです。


仕事に関しては、「私」という人間に期待をし、与えてくれ、任せてくれた。そこで起こったミスに「責任」を取ってくださったのです。

このことに私自身ものすごく心を打たれ、「絶対に期待に応えてみせる!!」と誓いました。


そして、それと同時に
これこそまさにマネジメントの原点であるな
と実感した一瞬でした。

IKJのレッスンに「マネジメント」の授業があり、そこで学んだこと。

マネジメントに欠かせないこと、それは、
①信頼
②愛
であると。

そしてまさしく、今回、私を信頼してくださり、責任をとってくれ、愛を持って接してくださっている係長。
プロセスを見てほめて下さったり、部下の成長を常に考えてくださったり…
理想のマネジャーではないかと。


絶対にやってやろう!
というモチベーションアップにも繋がったし、
この人の期待に応え、一花咲かせたい!
と心から思いました。


学んだことを理解する。
これは意外とほとんど人ができるでしょう。ただ、それを知恵として実行に移す。これほど難しいものはありません。
それでも、理想の、手本となる「マネジャー」が近くにいる。
私は、ものすごく恵まれた環境に身をおき、活動できているんだなと、改めて誇りに思い、感謝の気持ちを抱きました。

今回は自分の経験から「マネジメントについて」「マネジャーについて」語らせていただきました。



マネジメントの原点は  

常に理想のマネジャーのあり方を追求し、For Youの心を忘れず、活動していきたいものです!!

リーダーとして、上司として、マネジャーとして、活動している人、活動していこうとしている人。様々だと思います。そんな人たちのお役に、少しでも立てたら幸いです。


もう一度言います!!

マネジメントの原点は



愛を持った人になっていきましょう!
以上です。


Club The 一生懸命 6番隊隊長