2012年7月4日水曜日

誰かのために、何かのために

こんばんは!

四番隊 隊長です。


ついに七月に入りました。塾ではTraining Campに向け、完成期に入りました。
各隊がイベント練習や準備に集中されていることと思います。
うちの隊も練習で筋トレなど身体を動かして、みんな爽やかな笑顔で活動してますよ。大学生にもなって、公園で思いっきり身体を動かすって素晴らしいですよね。

ただし。くれぐれも皆さん、運動の際は水分補給などはしっかり行って、熱中症予防しましょうね。


さて、本日は【誰かのために、何かのために】というテーマにお話ししたいと思います。
塾で言う『For You精神』ですね。

この【誰かのために、何かのために】というのは、全ての原動力になります。


例えば…こんなことはありませんか?
①一人で「早起き」の目標を立てて、次の日の朝目覚ましで起きようとすると、二度寝してしまった。
②好きな子と映画に行く約束をして、予定より早めに目覚まし掛けたのに、鳴る前に起きてしまった。

この現象、結局何が違うかと言えば、『自分の目標達成のために』と『好きな子とデートに行くために』という目的です。その二つで比較した時、自分とそれ以外の違いがあります。
自分のことだと怠けてしまう。
しかし、自分以外のことだと『迷惑をかけたくない』『喜んでほしい』などの想いから、行動に出て来ませんか?

そうです。自分のことだと重みがない約束も、誰かとの約束や何かのためにやらねばならぬことになると身体のどこかから力が湧いてくる、集中力が上がってくるものなのです。


もちろん、自分の一つ一つの行動。これが計画通り遂行できることがベストだと思います。

しかし、誰もが初めから自分に強くあるわけではありません。

一人ひとりはすごくちっぽけであっても、互いのためにと支え合うからこそ、自分の妥協を許さず、互いを思いやれる関係が気付けるはずです。

成長するきっかけも、自分のためではなく、家族のため、仲間のため、先生のため…と強い自分になろう想うことです。だから、今のままでは満足できなくて、何か変わりたいと思うのです。

私は『挑戦』をコンセプトにしておりますが、これも誰かのためにという思いがあるから挑戦できるのだと強く感じました。

もともと、塾に入った時に考えていたのは将来の家族のことでした。自分が家族を養って行くためには、それができる大人でなければなりません。
だからこそ、自分を成長させようと塾に入る決意をし、逃げずに戦い抜こうと『挑戦』の隊に入りました。
今もなお、はじめの想いがあるからこそ、こうしてブログも更新させていただけるのだと思います。


この出会いに感謝してIKJのために、自分に打ち勝って成長していきましょう。
そんな、愛のある大人って素敵ですよね。

以上です。



CLUB the 一生懸命
四番隊 隊長