2012年6月29日金曜日

レッスンという原点

こんばんは!

IKJ私設応援団の団長です。

最近熱くなってきました。いよいよ今年も夏がやってきます。
そして、ものすごく躍動する夏が今年もやってきます!!最高だ!!


さて、あさってには7月となりますが、みなさんはどのように過ごしていますか?

IKJのセクションを頑張っている人、隊の練習を頑張っている人、就活をかんばっている人、
大学やバイトを頑張っている人などいろいろな人がいると思います。




しかし、忘れてしまっていけないのが、
IKJのレッスンでインプットをして、そして、アウトプットすることです。


インプットがなければアウトプットはできません。


そして、学んだことを語らないと心が壊れていきます。みなさんアウトプットしていますか?


さて、私たちの原点であるIKJのレッスンですが、みなさんはレッスンへの感謝心を持って
毎回受けることができているでしょうか?

ただ、受けているだけになっていませんか?

目的ないままに消化することがメインになっていませんか?


私は今日いかにこのレッスンがありがたいのかということを感じました。


経済学部に所属している私は、日々の大学での講義では
あまり楽しくものない専門的な経済用語や実践に生かしにくい経済の原理
といったものが大半を占めます。


確かに、中には面白いと感じるものはありますが、それもわずかなものです。


私が感じる大学の講義というものは高校までの暗記などの詰め込み勉強の内容が
ちょっと専門になり難しい用語を使っているだけように思えてなりません。

だから、どこか大学の講義に対して冷めている自分がいました。
しかし、今日のある講義で担当している教授が
これからは真面目にただ経済の勉強をするのではなく、もっともっと哲学を学ぶべきなのだ
と言っているのを聞きました。その時久しぶりに大学の講義で何か熱くなるものを感じました。

この教授の話から私が思い出したのはIKJのレッスンは哲学を教えてくれるということでした。


みなさんもお馴染みのあのレッスンでは
ポジティブに生きることの大切さ、FOR YOU 精神ということを教えてくれます。
そのようなことを教えてくれる講義がみなさんの大学にはあるでしょうか?

ほぼゼロなのではないでしょうか。

そんな哲学をも学ぶことのできるレッスンを受けることができている私たち塾生は
ものすごく恵めれています。

生き方を教えて、見せてくれて、語りかけてくれる社員さんが身近にいてくださることへの感謝を
忘れずにこれからも目的を持ってレッスンを受け、インプットしてアウトプットしていきましょう。

これからますます忙しくなります。
そんな時だからこそ当たり前ではないことへの感謝が大事です。

頑張ろう!!

IKJ私設応援団 団長