2012年6月25日月曜日

「強さ」とは。

こんばんは!
CLUB the一生懸命 五番隊隊長です!

みなさん。雨ばかりの梅雨が到来してきましたね!!洗濯物も干せないし、じめじめするし、何だか良い気分にはなれないかもしれないですが、この梅雨を乗り越えれば。。。

「夏」ですよー!!!

じめじめした空気もふっとばし、暑くて熱い夏がやってくると思うと胸が躍ります!


そんな夏が待ち遠しい五番隊隊長です。



今日は、みなさんに考えてほしいことがあるんです。
それが今日のタイトルにもなっている、「強さ」です。


強さと聞くと何を思い浮かべますか?

腕力?持久力?リーダーシップ?意志?情熱?

ふと質問されると答えにくいですよね!



私は、一度決めたらとことん行うほうです!
「はい。やります。」と二つ返事で決めたからには、必ず最後までやり遂げる。どんなに辛いことがあろうとも決して、折れないし負けないそんな自信を声高々に言える人間です!

しかし、そんな思いを持っているからこそ周りからは完璧主義者とも思われます。能力があるわけではなく、何か成果を残せる偉大な人間でもないが、やり続けるからこそそう見えるのでしょう。


だから、決して自分に甘くないんです。



言い換えると。。。絶対に自分を許さないんです。



例えば、「朝起きた時に寝坊しました。このままでは、13時に集まらなければならない約束に13時05分に着いてしまう。」


このような状況下に置かれたときに、どう考えますか?

私はこの寝坊した自分が絶対に許せないんです!わー寝坊した!!わー!!となって、最終的に着くのは13時40分になってしまう。
一分でも一秒でも早く、着こうとする努力をすればいいのにも関わらず、自分の行動が許せず結果的に遅くなる。

これは、弱いですね!


そこで、「強さ」とは何かをもう一度投げかけます。


先日、私が教えていただいたこと、

それは、

「強さ」とは、許すことだ



他人のミスや、自分のミスこれを許すのが強さだと教えていただきました!
報告や連絡が遅れてしまった人がいるとする。この遅れた現象は指摘すべきことに違いはありません。しかし、この遅れた一つの現象だけで相手まで許さないのは弱い人間でしょう。

自分に対しても一緒です。
寝坊してしまった。この現象は起こってしまったのだからどうしようもない。だから、少しでも早く着くように努力し、次回からは絶対に寝坊しないようにする。


他人を許さないままだとその人は、一生の間に何百、何千という敵を作ったまま過ごすことになる。
ましてや、自分を許さないままだとできない自分をずっと責め続けてネガティブを抱え込んだままになる。


これは強いですか?
弱いですよね!

どんなに腕力があっても、どんなに体力があっても、どんなにかっこいいリーダーシップをとって、意志があっても、どんなに熱くても。

精神的に許すことができなければ、その人は強くはなれない!!

見た目がどんなに強くても、中身が弱けりゃすぐに朽ちてしまいます。


「許すこと。」

都合よく使うのではなく、次なる行動・次なる成長へと導いてくれる心構えです。


CLUB the一生懸命 五番隊隊長