2019年4月25日木曜日

新時代の幕開け

YMTブログをご覧の皆様、こんにちは!

学生団体YMTの日暮と申します。
この度、IKJ一生懸命塾は、IKJ共感コミュニティ一生懸命塾となりました!

共感コミュニティとは?
http://motoi-corp.com/empathy/

それに伴い、当ブログもFacebookページでの投降へと移行します。
https://www.facebook.com/ikjkyokan/

今まで当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年3月28日木曜日

頑張る理由


ブログをご覧の皆様、こんにちは!

IKJ一生懸命塾 第17期 学生団体YMTで女夢綴り会 会長を任せていただいております、山﨑春奈です。

3月も後半に入り、徐々に新年度への準備を始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。



突然ですが、みなさんに質問です。

あなたには「頑張る理由」はありますか?

"好き"だから頑張る。

"やらなければならない"から頑張る。

"将来のためになりそう"だから頑張る。

人それぞれのいろんな「頑張る理由」があると思います。



では、その「頑張る理由」はどんな時もあなたが「頑張る源」になっていますか?

楽しい時は誰でも頑張れます。

ですが、大きな壁にぶつかって道を見失った時、困難が降りかかってきて何もかもが嫌になった時、あなたはその「頑張る理由」で前に進むことはできますか?

私は、確固たる「頑張る理由」がないまま、21年間を過ごしてきました。


そのため、うまくいかない時は頑張れない。

壁にぶつかりそうになったら避けてみる。

こんなその場しのぎで、後には何も残らない人生でした。

でも今の私は違います。

一生懸命塾に入って、確固たる「頑張る理由」ができました。

それは、仲間の存在です。

共に頑張る仲間がいるから、

どんなに"もうダメだ"と思っても立ち上がれます。

どんな向かい風にも立ち向かうパワーが生まれてきます。



あなたに仲間はいますか?

もしいるのであれば、その仲間はあなたにとってどんな存在ですか?

私にとっての仲間は、たとえ物理的には離れていたとしても、その存在自体が自分の頑張る理由になる、そんな存在です。



私は、IKJ一生懸命塾に入る前にも仲間はいると思っていました。

部活の仲間、学科の仲間、気が合って仲良くなった仲間。

その仲間は、同じ物事に打ち込む仲間、一緒にいて楽しい仲間、自分を高く評価してくれる仲間でした。

そんな私の仲間は、その場を一時的に彩ってはくれますが、会わなくなったら過去になるような仲間でした。



私の人生、21年間を振り返っても、仲間と言える人は片手に収まってしまう人生でした。


そんな私はIKJ一生懸命塾に入って、人に自慢したくなるような仲間がたくさんできました。

両足を使っても収まりません。

IKJ一生懸命塾で出逢った仲間は、自分に利があるから関わっているのではありません。

一人ひとりが全てに一生懸命で、相手のことを思いやっているから自然と関わりたくなる、そんな仲間なんです。

IKJ一生懸命塾の仲間は物理的には離れていても、どこかで一生懸命に頑張っている。

そう確信が持てる仲間です。



だから、この仲間の存在が、私の「頑張る理由」になりました。



もう一度問います。

あなたには「頑張る理由」がありますか?

社会に出て困難に直面した時、折れずに頑張る源はありますか?



何をしたって誰からも文句を言われない学生時代。

自分の「頑張る理由」を見つけてみませんか?

頑張る理由になるような仲間と一生懸命になってみませんか?



これを読んでくださったあなたとお会いできる日を、心待ちにしています!

最後までお読みくださりありがとうございました。

2019年3月18日月曜日

我以外皆師


YMTブログをご覧の皆さん、こんにちは!

学生団体YMTで第17GRAMPUS1番隊の組長を任せて頂いてます、宮﨑です!

 

突然ですが、皆さんには尊敬する人はいますか?師と呼べる人はいますか?

私には沢山います。しかし、初めからそのように呼べる人がいた訳ではありませんでした。私はこの学生団体に入ってから他人の味方が変わり、師を増やしていくことが出来ました。

 

「学ぶとは真似ぶ、真似し盗むこと」

 

このことがとても人を成長させるということを学びました。そして実感することが出来ました。そもそも私は人と同じことをするのが嫌な人間でした。その元となったのは長年続けていた部活動でした。数少ないレギュラーの座を勝ち取るためち他の人とは違うことをしなければ同じだけの実力しかつかないと考えていたからです。しかし、その考えが全て覆った環境がこの学生団体にはありました。初めは理解できませんでした。しかし、人間力を磨こうと考えてもなにをすればいいか分からなかった私は言われるがままに真似をするようになりました。自分には足りていない部分を持っている人の真似を特にしました。傾聴力がなかった私は頷きや相槌から真似し始め、ポジティブシンキング、毎日の良い習慣。他にもたくさんのことを真似しました。何度も何度も繰り返し意識してすることによって私はその人のいい所を自然と身につけることが出来ました。今では意識的に行っていた頷きや相槌も意識しなくてもすることが出来るようになっています。

 

最後に、私は真似することがどれだけ大切かを知れました。知った今だから言えることがあります。それはなりたい自分像へ近づくために真似をしたいと思える師を見つけることが成長に繋がるということです。人と違う考えを持つことは大事なことです。だけれど、少しでもいいと思えたことがあったのなら是非、その人のいい一面を師として真似をしてみてください!そして続けてみてください!きっと自分のものに変わる日がくることと思います!

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

「挑戦」が人を強くする

こんにちは。
第17期、学生団体YMTで部隊ELEPHANTの組長を任せていただいている中原 匠です。

皆さん、そろそろ新年度が始まりますね。
新年のスタートとは別に、この4月から始まる新たな1年をどう過ごすか楽しみにしていることと思います。

 この1年という限りある、繰り返しの効かない時間を、どうせなら濃いものにしていきたいですよね。

 そのためには、色々なことに挑戦する事が必要だと自分は思っています。
多くを経験すればするほど、自分の価値観が広がります。就職活動でも、アピールできる事が増えます。 そういう自分は、アルバイトでのマネージャー経験や、日本各地を旅する中で数々の名所を目にした経験があります。 でもそれだけではない、もっとこれからの人生に活かせる経験を積んでいきたい。 この様な思いで、自分はIKJ一生懸命塾で、そして学生団体YMTで、様々な事に挑戦してきました。

自分の挑戦は、意志を伝えること。 面接で、就活生が志望動機や自己PRを口にする様に、社会人になれば、自らの考えや想いを言う機会が増えます。 自分はその様な経験がほとんどありませんでした。例えば、さっきのアルバイトではマニュアルに基づいた接客しかしていませんでした。 だからこそ、自分の意志を相手に伝えることを挑戦しようと思いました。 挑戦し続けた結果として、変に緊張しすぎることなく、納得して就職活動を終えることが出来ました。
 何かに挑戦するのは勇気が要ります。
その勇気が引き出されるのは、仲間、環境、そして本当に頑張りたいと思う自分自身の気持ちです。 IKJ一生懸命塾にはこれらがあります。 変わりたい、成長したいという思いに共感し、応援してくれる仲間が集う場、それがIKJ一生懸命塾です。
 皆さんも、これから社会人になるにあたって、不安になることや、自信があまり持てないことがあるかもしれません。そんな時こそ、小さな事でも構いません。色々なことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

2019年2月21日木曜日

全てを受け入れてくれる環境

皆さん、こんにちは!
学生団体YMT第17期においてELEPHANT1番隊隊長を任されております坂井勇斗です!

皆さんは、自分を変えたいと思うことがありますか?

「このままじゃ自分ダメだ、変わらなきゃ」
そう思うこと、きっとあると思います。

そんな自分を変えたくて、
何かしら行動してみるけど、
でも結局は変われなくて、
そんな自分が嫌になってくる。

そういうときもあると思います。

変わるのは凄く怖いことで、
「自分は変わってしまったら受け入れられないんじゃないか」
そう思えて変わることを諦めてしまうときもあると思います。

僕がまさにそんな人間でした。

インターンでは結果を残せないし、
選考は通らない。

自分を変えなきゃと思いながらも、
変わりたくて行動するけれど変われないことを思い知って、
諦観と虚無感を感じる日々…


でもこの塾で、僕は変われました。

この塾に入って、ダメダメな僕を受け入れてくれる人達に出会いました。
変わりたいと思う僕の気持ちを応援してくれる人達に出会いました。
変わりたいと思っていても全然行動に移せていない僕を後押ししてくれる人達に出会いました。
少しずつ変わっていく僕を僕以上に喜んでくれる人達に出会いました。

どんな僕も受け入れてくれる人達に出会えたから、
僕は変わることができました。


一生懸命塾はどんな人でも受け入れてくれます。

君の全てを受け入れて、君を支えて、君を後押ししてくれる環境が、
ここ一生懸命塾にはあります。

今のありのままの君も、
これから変わろうとする君も、
変わろうとするけど中々変われない君も、
徐々に変わっていく君も、
変わった君も。

君に変わりたいという気持ちがある限り、
君の全てを一生懸命塾は受け入れてくれます。

だから変わることを恐れずに、諦めずに、
何度でも挑戦していきましょう!

君と出会って一緒に頑張れる日を僕は楽しみにしてます。


お読みいただき、ありがとうございます!

2019年2月10日日曜日

最良な「選択」とは


YMTブログご覧の皆様!

YMT学生団体 第17期部隊GRAMPUSで組長を任せて頂いております。
阿部法晃です。

新年が空けてから、時が経つのも早いもので1ヵ月以上が過ぎました。

自分から一つ、皆様に問います。
「もし全てが上手くいく人生だったら、それは幸せですか?」

誰もが幸せになりたいと強く願っているはずです。
幸せになりたくない。そのような方は自分は聞いたことがありません。
だからこそ、常に良いことにめぐり合う。嫌なことは全く起こらない。
そんな思い通りの人生があったら最高かもしれません。

自分は過去の出来事に執着する人間でした。
「過去がこうだったから、こうなってもしょうがない。」
「あんな過去、記憶から消し去りたい。」
「あんなことがなければ今幸せだったろうな。」
毎日毎日、過去の出来事に囚われていました。

だから自分は一切、「今」を見ようとはしなかった。過去の嫌な出来事から、上手くいかない「未来」ばかり想像していた。なので何をやっても全て無駄だと考えていた。もしやるくらいなら、損得の天秤にかけて、得が確実にありそうだったらやる。常に物事に対していつも無気力、無関心。人をとにかく避ける自分でした。

しかしそんな自分にも残っていたものがあります。
「自分を変えたい。」そして、「何か自分にも誰かのために力になりたい。」

その想いが自分にあって本当に良かった。
一生懸命塾の出会いで自分の人生は180°変わりました。こんなに人と関わったこと、向き合ったことは今までありません。悩むことも考え過ぎることも、迷うこともたくさんあります。それでも、「今」を自分は生きている。
なぜなら「過去」を受け入れ、それが自分の地肉となったからです。消したかったはずのものが今では自分の武器になっています。過去の辛い経験が今の自分を支えてくれています。

もう一度問います。「最良な選択とは?」
自分は「過去」から学び、「今」を大切にすることだと思っています。

こんな言葉があります。

「過去と人は変えられない。でも未来と自分は変えられる。」

変えられる物、残されているものに対して向き合う。
変えられないものにいくら時間を費やしたところで時間は戻ってきません。
だからこそ、「過去」に執着する選択より、「今」や良い「未来」の実現のために頑張る選択をする方が絶対に良いはずです。

皆様も、過去の失敗や上手くいかなかったことに対して悔いる瞬間があるかもしれません。
だけど未来は平等に与えられています。
今という一瞬一瞬を大切にし、日々共々に精進して参りませんか?
より良い人生のために。

最後まで見てくださりありがとうございました。


2019年2月5日火曜日

ネガティブ思考よりポジティブ思考


YMTブログをご覧の皆様、こんにちは!

17期、学生団体YMTにて、GRAMPUS2番隊の組長を任せていただいております、長谷川叶子です。

 
立春とは名ばかりのまだまだ寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、突然ですが、皆さんは、ポジティブな思考で物事を捉えることと、ネガティブな思考で物事を捉えること、どちらが多いでしょうか?

 

私は、確実に後者でした。まだ、何も始まっていないのに、起こりうる現象を想像して、あれやこれやと心配する、いわゆる取り越し苦労ばかりしていました。 また、否定的な部分にしか目が行かず、悪いことばかり考えることが多く、自分に自信が持てませんでした。

そんな自分を180度変えてくれたのが、IKJ一生懸命塾です。

IKJ一生懸命塾には、ポジティブ思考の人がたくさんいます。彼らは、私のどんなネガティブな発言もポジティブな言葉に変換してくれました。これを塾では「ポジ変換」と呼んでいます。例えば、「やることが多い!」という現象に対して、「成長出来るチャンスだ!」や、「時間管理が得意になる!」などといったポジティブな言葉で返すことです。
IKJ一生懸命塾で、ポジティブな思考を持つ人に出会い、活動をともにする中で、だんだんとポジティブに物事を捉えられるようになり、そして、ネガティブな現象をポジティブな言葉に変換する、"ポジ変換"の波にのまれ、最終的には、意識して、"ポジ変換"を実践することで、自分の中でポジティブに物事を考えられるようになり、だんだんと自分に自信を持てるようになりました。

 
 
あの有名なマザー・テレサはこんな言葉を残しています。

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

  言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

  行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

  習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

  性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

 
思考を変えることによって、言葉を、行動を、習慣を、性格を、そして、運命を、今まで以上に明るくしていきませんか?

 
最後までご覧いただき、誠に有難うございました。