2018年8月17日金曜日

お盆休み


IKJブログをご覧の皆さん
こんにちは!

学生団体YMTLEO2番隊の隊長をしています江角です。

皆さんお盆休みをいかがお過ごしでしょうか。
実家に帰ったり、友達と旅行に行ったり、アルバイトをしたり、家でゆったりしたりと人によって様々ではあるかと思います。

「お盆」とはそもそも何故あるのでしょうか。
お盆とは813日〜816日のことを指します。お盆の期間中は、祖先の魂が現世に帰ってくるとされ、そのため、お盆は、その帰って来た「祖先を供養する」ために存在するのです。
考えてみれば、自分たちがこうやって何気なく生活できているのも、祖先が今の時代を作るために努力してくれたからこそ。だから、このお盆の時期に、祖先を敬って感謝してはどうでしょうか。僕はこのお盆の期間、お墓参りを通じて、祖先の供養とそして感謝を述べていました。


また、このお盆の期間に歴史を振り返るということもしました。祖先を供養するとは別ではありますが、このお盆期間に歴史、特に戦争を振り返ることで、戦争の悲惨さ、凄惨さを忘れないでいようと思っています。振り返ることによって、今の生活は当たり前にある訳でなくて、今の生活ができていることにありがたいと再確認できる。そして、これからの一日を再び噛み締めて過ごしていこうと再決意できます。


小さい頃からこれらの習慣を持つようになったのではありません。IKJに出会って、歴史や文化を知ることの大切さを知ったからこそ、これらのことをやろうと思い、できています。IKJに入るまでの自分は、歴史や文化を学ぶこと、振り返ることを重要だと思っていませんでした。“今”を生きているんだから、歴史を振り返ってもあまり意味はない。何かにとらわれて生きたくないから、文化を重視する意味もよく分からない。だから、歴史や文化にはあまり興味のない自分でした。

でも、IKJに出会って、これまでの自分の「歴史や文化の学び方」は間違っていたなと感じました。IKJでの講師の方から歴史や文化を学ぶ中で、これまでの自分は、歴史や文化にある出来事や内容だけをみて、捉えてしまっていたなと感じました。重要なのは、出来事や内容ではなく、なぜその出来事が起こったのか、出来事や内容には何の目的があるのかといった、「意図・意味・目的」だと気付きました。意図・意味・目的を知ることによって、その歴史や文化を創った人の考え方・捉え方を知ることができる。そして、自分の考え方とその人との考え方を比較して、そこからその人の考え方を学ぶことができる。自分だったらこうする、こう考えるが、その人はこうした、こう考えた、何が違うのだろうと考える。そこに自分が知らなかった考え方や学びがあるのだと気付きました。

それから、
自分は、歴史や文化の意図・意味・目的を考えるようになりました。これまではそんな風に歴史や文化を捉えてこなかったからこそ、改めて歴史や文化を振り返ると、知っていた歴史や文化の意義の深さを感じられるようになりました。

「お盆」とは何か。
それは祖先を供養するためにある。祖先に感謝を持つ。
祖先に感謝を持つということが、人への感謝を持つことに繋がり、また今の生活に対しても祖先のおかげだと認識できるようになり、様々なものに対し、ありがたく大切に使おうと思えます。


IKJは、就活塾です。就活と文化・歴史は一見すると結びつかないかのように思えるかもしれません。しかし、就活塾だからこそ、これから社会へ飛び立ち、将来の国を担っていく若者である自分たちに対して、歴史や文化の大切さを教え、物事の意図・意味を見出す力を養ってくれます。是非こんな環境で共に学んで成長していきませんか?


最後までご覧いただきありがとうございました!

2018年8月8日水曜日

人間関係〜信頼と愛〜

YMTブログをお読みの皆さん、こんにちは。
学生団体YMT第16期部隊LEOで部隊長をしている綿引です。


「信頼されていない。」
「人から期待もされていない。」


心でそう思って生きてきたのが僕の人生でした。
楽しく遊べる人はいたけれど、お互いに信頼し合うような人はいませんでした。
だから、信頼し合っている友達をみて「羨ましい」と思っていました。

心では独りぼっち。


僕は自分が嫌いでした。


そんな人生を変えてくれたのがIKJ一生懸命塾でした。入塾したのは約2年前の大学3年、10月でした。
入塾してから7ヶ月後、初めて組織の長を任されました。

「これからリーダーとして頑張っていこう!」
と意気込んだはいいものの、組織の長として、人を成長させたり組織の目標を達成させることができず、自分に人がついてこない。組織を団結させられていない。そんな現状がありました。

それが8ヶ月続きました。

その期間、僕は悩みました。
人を束ねることはこんなに難しいことなんだと痛感しました。

でも、悩む中で自分の問題点を見つけることができました。
それは、組織を創り、引っ張っていくには、人に指示をすることが大切ではなくて、人に思いやり(愛)を注ぐことが大切なんだと気づきました。
今までの僕は自分の為にしか行動していませんでした。こうなってほしい。こんな風にしてほしいと人に求めてばかりで、自分から何かを変えようとしてきませんでした。

「組織は長の影」という言葉があります。
長が時間に厳しければ、その組織も時間厳守をするようになり、
長が手を抜く人ならば、その組織も手を抜くことが許される組織になる。

僕は、人の為に頑張ってこなかった。
だから、人も僕の為にも組織の為にも頑張る気にならなかったのだと思います。


自分の課題に気づいて以降、思いやりを意識して行動していきました。すると次第に自分の心に変化がありました。
自然と心から人に何かをしてあげたいと思うようになったのです。
そのようになった頃には、人から感謝されるようになっていて、「今まで意識してきたことは間違ってなかった!」と確信をもてました。

「部隊長の為に頑張る!」
と人からその言葉をもらった時は、心から喜び感動しました。

「人の為に力を尽くすとは、こんなに人から想ってもらえるんだ!」と思いました。
これが思いやり(愛)の大切さを実感した時でした。


「人の為に自分ができることをしよう!」
そう心から思えるようになったのが今の僕です。
自分の心に少しだけ思いやりが生まれました。
1年前より今の自分が好きです。


IKJ一生懸命塾は、就活支援と人財育成の塾です。
多くの若者がこの環境で日々学び、自分を磨いています。

この塾は、人として大切なことを教えてくれます。
この環境だから、僕は思いやりをもてるようになったのです。

心から憧れるような模範の人がいて、
心に火をつけてくれる人がいて、
共に頑張っている人がいて、
曲っている僕を正してくれる人がいます。


今は孤独を感じません。
寂しいと思ったり、他人をみて劣等感を感じることもありません。

人と本音で話し、信頼し合える関係をつくれています。
人生で今が一番楽しいです。
一生懸命です。


今の自分を変えたい。
小学生や中学生、高校生の時のようにイキイキとした自分になりたいという人は、是非IKJ一生懸命塾をみにきてください。

なりたい自分になれる、最高の環境があります。


最後までお読みいただき有難うございました。

2018年7月30日月曜日

仕事とプライベート


YMTブログのご覧の皆さん
こんにちは。

IKJ 一生懸命塾
学生団体YMT
16 HAWK2番隊隊長の
増渕早馬です。

就活生のみなさん
就活は順調に進んでいますでしょうか。

皆さんにとって仕事とプライベートどちらが大事ですか?
就活をしていると面接で、
このような質問を一度はされたことがあるのではないでしょうか。

私は大学3年生までずっとサークル活動中心の生活でした。
平日は授業が終わればサークル仲間と飲みに行ったり、
時には授業をサボって遊んでいました。
そして土日は一日中、サークル活動や飲み会をして過ごしていました。

この頃の私は
「仕事とプライベートどちらが大事ですか?」
と聞かれたら間違いなく
「プライベートです!」
と自信満々に答えていたと思います。

だって人生楽しむためには自分のやりたいことだけをして、そのために仕事があってお金を稼ぐ。
その方が人生ハッピーになる。
そう信じていました。

しかしこのIKJ 一生懸命塾に出会って、私の考えは変わりました。
確かにプライベートは自分の好きなことばかりできるし、人生を謳歌している気がするかもしれません。
しかし、その場限りの快楽や欲求を満たすことしか出来ないということにこのIKJ 一生懸命塾に出会って気づきました。
それに、1日の実に1/3にあたる仕事に対して、そんなモチベーションだともったいないなって感じませんか??

それならいっそのこと仕事を好きになって、ずっと楽しい、そんな人生の方が絶対充実しているなっていう考えになりました。

だからこそ、私は大学の勉強であれ、IKJ 一生懸命塾の活動であれ、何事に対しても、まず好きになる、ということを考えて行動するようになりました。
そうすると、どんな苦難困難があっても、「これは自分を成長させてくれるチャンス」と何にでもポジティブに考えられる自分になっていました。

こんな考え方になってからは、私は毎日が楽しく充実していると感じます。
少しでも共感するところがありましたら、ぜひとも実践していただきたいと思います。

そしてもし可能であれば、共に私たちと人生をハッピーにしていきませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


IKJ 一生懸命塾
学生団体YMT
16 HAWK2番隊隊長
増渕早馬

2018年7月23日月曜日

常に今が1番!

ブログをご覧のみなさん、こんにちは!
学生団体YMT 第16期部隊HAWKで部隊長を務めております、森本です。


私がIKJ一生懸命塾に入塾したのは、大学3年生の7月。ちょうど今の時期でした。
今のままでも、無難な人生なら送れるだろう。それなりに友達はいるし、それなりに頑張ってきたものもある。
就職活動も、高望みをしなければ内定をとることはできるだろう…。当時はそんなことを考えていました。

そんな中でIKJ一生懸命塾と出会いました。


実際に一生懸命塾に来てカウンセリングを受け、今まで自分が見て見ぬふりをしていた弱い部分と向き合うことに。自分で限界を決め、そこそこできる自分に満足していた。人目を気にして、愛想笑いでその場をしのいできた。そういった自分の弱さを痛感させられました。

そして、今ここで変われなければ、一生変わることはできないと思い、せっかく縁した環境で自分と向き合おうと決めました。

そんな出会いから約2年が経ちましたが、この環境で頑張ろうという気持ちは日に日に強くなっています。


みなさんはどうでしょうか?大学に入学した時と今を比べ、夢や目標に対するモチベーションは変わらずあるでしょうか。
思い描いた大学生活と違う…と、妥協していませんか?
大学での勉強、サークル活動、アルバイト、、、大学生になってから新しく始めたことはいくつもあるかと思いますが、その活動に対するモチベーションのピークは常に今だと言えますか?


常に今が1番燃えている。そう自信を持って答えられたらカッコいいと思いませんか?
そんなことを言うと周りにひかれてしまう世の中でも、IKJ一生懸命塾は違います。燃えてる人が認められ、そして人がついてくる。
一生懸命がバカを見ない、全力で今を生きていける環境があります。


昔は熱かったけど、環境が変わって冷めてしまった。
本当はもっと全力を出せる自分を見てみたい。
自分の限界に挑戦してみたい。

そんな若者を、IKJ一生懸命塾は待っています。

私たちと一緒に、学生時代最後の時間を熱いものにしていきましょう!


2018年6月8日金曜日

就活のミスマッチとは


YMTブログをご覧のみなさん

こんにちは。

 
IKJ 一生懸命塾 

学生団体YMT

16期 HAWK2番隊隊長の

増渕早馬です。

 

6月に入り、選考が解禁されました。

面接などで忙しくされていることだと思います。

 

 

さて突然ですが

“売り手市場”

という言葉をご存知でしょうか?

 

就職活動をしているとたまに耳にすることがあると思います。

 

来春20193月卒業予定の大学生・大学院生対象の求人倍率は1.8倍を上回ると言われています。

つまり就活生1人あたり1.8社内定をもらえるということです。

バブル崩壊のときの求人倍率が0.65だったのと比較すると

“売り手市場”ということがよくわかります。

 

これまでにも日本の歴史のなかで、バブル時期も“売り手市場”だったそうです。

 

しかしこのときの売り手市場と決定的に違うものがあります。

それは企業に余裕があるかないかです。

 

バブルのときであれば「今日よりも明日は豊かになる」と信じて疑っていなかった企業としては、新入社員は将来伸びるであろう学生を採用し、23年育成するだけの余裕がありました。

 

一方で、今の売り手市場は違います。企業側にはそこまでの余裕はありません。即戦力となる人財を求めて採用活動を行っています。

 

つまり企業が新入社員への求めているものが違うんです。

そして学生は学生感覚のまま、社会に出ていくと、

企業と新入社員とのギャップ(ミスマッチ)が生まれてしまいます。

 

ミスマッチを生まないために、私たち学生にはなにができるのか。

どう就職活動をしていけばいいのか。

このIKJ 一生懸命塾にはその答えがあります。

 

私自身、就活に対する意識はとても低かったです。

休日を充実させるために週5で仕事をするんだなあ、と仕事に対してネガティヴでした。

この本末転倒な考え方に良くないと思ってはいながらも、何がダメなのかはわからず、何も行動を起こしていませんでした。

 

 

そんなときに私はこのIKJ 一生懸命塾に出会いました。

 

ここには、本氣で私たち就活生に向き合ってくれる人。

学生感覚の私たちに社会人0年生として指導してくれる人。

共に就職活動や社会の荒波を乗り越えていく同志。

 

私の就職活動や仕事に対する価値観をガラッと変えさせてもらいました。

とにかく今は仕事を通して、早く自分の夢を叶えたいと思うようになりました。

人生を豊かに、幸福にするためには仕事が重要であることがわかりました。

 

皆さんにも仕事に対する考え方をポジティブなものにしてもらいたい。

仕事を通じて、幸せになってもらいたい。

 

少しでも自分に重なるところがありましたら、共に学びましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 
 
 


IKJ 一生懸命塾 

学生団体YMT 

16期 HAWK2番隊隊長

増渕早馬

2018年6月1日金曜日

成功の秘訣はアウトプットにあり


YMTブログをご覧のみなさん、こんにちは!

第16期部隊HAWKで部隊長を務めております、森本と申します。


就職活動を進めているみなさん、アウトプットは十分にできていますか?
様々な企業の説明会に行ったり、OB訪問に行ったりと、
足を使って活動している人も多くいると思います。

そこで得た知識や学んだことを、うまく活用できていますか?

「わかる」と「できる」は違います。
多くの知識が入ってくると、「わかっただけなのに、できるような気がする」状況に陥りがちです。

中学や高校の授業を思い出してみてください。先生が話していることはわかるのに、
いざ自力で演習問題をやろうとしたら、手が動かない…。
そんな経験、ありませんか?


これは就職活動をする上でも同じです。
エントリーシートの書き方や、グループディスカッション、面接におけるポイントを教えてくれる人はいくらでもいるでしょう。
今では、インターネットでもたくさん情報を取り入れることはできます。

しかし、実際に自分がやってみるとうまくいかない、なかなか選考を突破できない。
そういったことに悩まされていませんか?


IKJ一生懸命塾では、レッスン、イベントの企画・運営や募金活動等を通じて、とことんアウトプットをしていきます。

面接やグループディスカッションの実践を通じて、的確なフィードバックがもらえます。
大人数の前でプレゼンをする機会もたくさんあります。

IKJ一生懸命塾の教育は「実践教育」
何度も実践し、その都度フィードバックをして、改善していく。だから成長していきます。


就職活動を進めていて、思い通りにいかないと悩んでいる人は、ぜひIKJ一生懸命塾で実践を積んでいきましょう!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年5月24日木曜日

自己変革

こんにちは。
学生団体YMT 部隊ELEPHANT  部隊長 澁谷海武樹と申します。

五月に入り気候が寒かったり暑かったりと安定していませんが皆様体調は崩してはいないでしょうか。

五月が来たという事は私が一生懸命塾に出会い丸2年が経とうとしている。
就活に不安を抱き入塾を決意したあの頃に比べて変わった事がある

それは、環境の所為にしないという事。

季節が移ろうように社会も会社も人も常に変化していく。
その中で絶対や安定は本当にあるのだろうか。

バブル崩壊・リーマンショック・東日本大地震・東芝の海外企業からの買収など。
予想もしなかった事が今日では起きてくる。

『時勢に応じて己を変革せよ』
坂本龍馬の言葉である。

就活の為に入ったこの塾で人間力の大切さに気付いた。
それは実際に学生団体YMTの活動の中で
ノウハウだけでは無く、心ある心豊かな人こそ人財であるという事。

毎年、秋に開催する福島復興イベントのふぇすてばる絆&&絆で、1つの組織のリーダーを任せれた時にも、リーダーシップやマネジメントが中々上手く出来ずに苦労した。人と何かをしようとする事がこんなにも難しいというのを思い知りました。

だから、一生懸命塾で自分と向き合いながら日々活動をしています。

失われた20年と言われる今日の時代と共に生きて来た私達若者が本当に失ったのは経済面や目に見えるものばかりだろうか。

就活の時期ではあるがただ内定を取るのをゴールにするのでは無く、人間力を磨き新社会人として最高のスタートを切りましょう。
その為の環境が一生懸命塾にはある。

興味があれば是非、勇気を出して欲しい。
読んで頂き有難う御座います。